涙の終撃(ラストアタック)オニナグリ》 

涙の終撃オニナグリ SR 火文明 (5)
進化クリーチャー:ヒューマノイド/ハンター/エイリアン 7000
進化−自分のヒューマノイド1体の上に置く。
このクリーチャーが攻撃する時、コストの合計が6以下になるように相手のクリーチャーを好きな数選び、破壊する。
W・ブレイカー

DMR-06で登場した進化ヒューマノイド/ハンター/エイリアン
《めった切り・スクラッパー》と同様の除去を行うアタックトリガー能力を持つ。

能力は一見地味だが、コスト6以下になるように好きな数選んで破壊できる点が非常に優秀。アタックトリガーで複数のウィニーからフィニッシャー級まで幅広く対処できる。
攻撃を阻むブロッカーや、殴り返しをしようと待ち構えている相手のクリーチャーをまとめて蹴散らす事ができるため、【赤黒ヒューマノイド】にとっては最適なアタッカーと言えるだろう。

特に【速攻】【ジェスターソード】など、小型を並べてくるデッキには強烈に刺さる。2回ほど攻撃すれば簡単にバトルゾーン制圧することができる。

他には《超電磁コスモ・セブ Λ》《金属器の精獣 カーリ・ガネージャー》《超閃機 ジャバジャック》など、各種ビートダウンの主力アタッカーも討ち取ることが可能。特に《轟く侵略 レッドゾーン》《熱き侵略 レッドゾーンZ》といった【レッドゾーン】フィニッシャーを片づけられるのは心強い。惜しむらくは出された時点で時すでに遅しというケースがあることか。

しかし、クリーチャーをほとんど並べてこない、またはコスト7以上の大型クリーチャーしか並べないデッキ相手には腐りやすい。その時は《黄金世代 鬼丸「爆」》《オニナグリ・ザ・レジェンド》など、他の進化ヒューマノイドと使い分けるのがベターだろう。その際、《爆走鬼娘モエル・ゴー》などのサーチで取捨選択できる点でもシナジーしている。

進化元ヒューマノイドのみに限定されているため、必然的にヒューマノイド種族デッキが居場所になる。用途が限られてしまうが、このスペックの高さではやむなしだろう。

そのようなデッキを組む際には採用を検討したい1枚である。

  • 伊原しげかつ氏によって描かれた背景ストーリー漫画『STORY OF DUEL MASTERS』のうち、エピソード2に相当する「〜覇王鬼丸伝編〜」では、第2話「継げ! 正義の魂!!」において登場。「カシラ」と皆に慕われる熟練の戦士たるゴールデン・エイジのリーダーであったが、彼の肉体は長年の戦いのダメージの蓄積により、もはや体内器官、外装ともにボロボロの状態となってしまっていたことが明らかになる。ウエディングが送り込んだデーモン・コマンドエンジェル・コマンドからなる下部、祝福の聖者(ホーリーウェディング)によって危機に陥ったゴールデン・エイジを救うべく肉体の負傷を押して駆けつけ、祝福の聖者の軍勢を道連れに壮絶な最期を遂げた。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMR-06
    これがワシのラストアタックじゃあ!――涙の終撃オニナグリ
  • DMX-19
    その男、天を貫く拳と、己を貫く心により、仲間を引き連れゼロの支配に抵抗した。

収録セット

参考


Last-modified: 2018-11-17 (土) 00:30:42