煉獄と魔弾の印(エターナル・サイン)

煉獄と魔弾の印 P 闇/火文明 (6)
呪文:ナイト
コスト7以下の進化ではない闇か火のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。そのターン、そのクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。

DMD-25で登場した/ナイト呪文

非進化コスト7以下のまたはクリーチャースピードアタッカーを与えつつリアニメイトする新たな「エターナル」呪文

スピードアタッカーで現れるため、当然ながらアタックトリガーと相性が良い。DMD-25で収録された《邪眼皇ロマノフI世》はもちろん、《殲滅の英雄ハンニバルZ》で敵を殲滅したり、《無双恐皇ガラムタ》で敵のS・トリガーを抑えつつ一斉攻撃など、様々なカードとのコンボが考えられる。

また、cipアタックトリガー能力が誘発するクリーチャー能力が二度使用できる。強烈な多色メタを有する《メガ・マナロック・ドラゴン》の筆頭ドラグナーである《極・龍覇 ヘルボロフ》からの《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》などが挙げられるだろう。
他にも《神龍のイザナイ ガーリック》などの光臨能力、また《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》などのシールド焼却と組み合わせてみるのも面白い。《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》で2回攻撃するのもいいだろう。

「エターナル」の名に恥じない強力な呪文であり、今までタイムラグがあって使用し辛かったアタックトリガー持ちには朗報と言える呪文。特にこの呪文の登場で【ロマノフサイン】が復活したのは大きな功績と言えるだろう。

しかし、新章デュエル・マスターズに入ると、革命編から続く高速環境を制限すべく、《異端流し オニカマス》《洗脳センノー》などの軽量級コスト踏み倒しメタが大幅に数を増やし、このカードはそのとばっちりをくらってしまう。
そこに追い打ちをかけるかの如くDMRP-04では、このカードスピードアタッカー付与を腐らせるタップイン能力を持ち、かつ無月の門で3〜5ターン目に早期で召喚できる《卍 デ・スザーク 卍》が登場し、追い打ちをくらう形で、さらに立場が厳しくなる。
そしてDMEX-02では、【デ・スザーク】の対策ためか、墓地利用メタかつコスト踏み倒しメタ《ポクチンちん》が登場してしまい、さらなるとばっちりをくらう。
こうした影響を受けて2018年12月現在、環境ではなかなか活躍の機会に恵まれない。

関連カード

収録セット

参考