煉獄と魔弾の印(エターナル・サイン)

煉獄と魔弾の印 P 闇/火文明 (6)
呪文:ナイト
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
コスト7以下の進化ではない闇か火のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。そのターン、そのクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。

DMD-25で登場した/ナイト呪文
非進化コスト7以下のまたはクリーチャースピードアタッカーを与えつつリアニメイトする新たな「エターナル」呪文

スピードアタッカーで現れるため、当然ながらアタックトリガーと相性が良い。DMD-25で収録された《邪眼皇ロマノフI世》はもちろん、《殲滅の英雄ハンニバルZ》で敵を殲滅したり、《無双恐皇ガラムタ》で敵のS・トリガーを抑えつつ一斉攻撃など、様々なカードとのコンボが考えられる。

また、cipアタックトリガー能力が誘発するクリーチャー能力が二度使用できる。強烈な多色メタを有する《メガ・マナロック・ドラゴン》の筆頭ドラグナーである《極・龍覇 ヘルボロフ》からの《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》などが挙げられるだろう。
他にも《神龍のイザナイ ガーリック》などの光臨能力、また《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》などのシールド焼却と組み合わせてみるのも面白い。《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》で2回攻撃するのもいいだろう。

「エターナル」の名に恥じない強力な呪文であり、今までタイムラグがあって使用し辛かったアタックトリガー持ちには朗報と言える呪文
特にこの呪文の登場で【ロマノフサイン】が復活したのは大きな功績と言えるだろう。

ただし、コスト踏み倒しメタ呪文メタに弱いのはもちろん、《スベンガリィ・クロウラー》などのタップインさせるカードがあるとスピードアタッカーが無力化され、ただのリアニメイト呪文となってしまう。
また、《サイバー・N・ワールド》などの墓地肥やし対策も、《邪眼教皇ロマノフII世》である程度リカバリーできるとは言え、手打ちを無効化してしまう無視できない妨害行為。
強力なカードだがメタも比較的しやすく、このカードを使用する際にはそれらのメタカードをいかに突破するかを考える必要があるだろう。

  • ロマノフと組み合わせる事を前提に作られた呪文であるため、しばらくは再録がないと思われていたがDMD-35にて再録を果たす。イラストもドキンダムが描かれた新イラストとなっている。

関連カード

収録セット

参考


Last-modified: 2018-12-05 (水) 21:03:02