《卍 ギ・ルーギリン 卍/卍獄(ばんごく)ブレイン》

卍 ギ・ルーギリン 卍 SR 水文明 (8)
クリーチャー:ムートピア/ドルスザク 9000
虚無月の門:自分の魔導具呪文を唱えた時、自分の魔導具をバトルゾーンと墓地から合計4枚選び、このクリーチャーを自分の手札または墓地からそれら4枚の上にコストを支払わずに召喚してもよい。
ブロッカー
W・ブレイカー
自分のクリーチャーはブロックされない。
卍獄ブレイン SR 水文明 (1)
呪文
カードを1枚引く。

DMBD-08で登場したムートピア/ドルスザクツインパクト

能力虚無月の門を持つ。

クリーチャー面はブロッカーを併せ持ったW・ブレイカー
自軍全てをアンブロッカブルにできる能力を持っており、これが役立つ場面も多いだろう。

能力虚無月の門は、魔導具呪文を唱えた時、という無月の門とは似て非なる性質を持つ。
また下にする魔導具を選ぶとき、あちらがバトルゾーン墓地それぞれから2枚ずつと縛りがあるのに対して、こちらはバトルゾーン墓地から自由に4枚選べる。
つまり無月の門・絶と同様、バトルゾーンにある魔導具を消費せずに呼び出すことが可能で、通常の無月の門より高い打点としても活用できる。
他に派手な能力を持たないため、ともすると似た性能の《ストロング・ゲドー 卍》と同程度の強さに思われてしまいがちだが、この辺りが明確な差別点。
ブロッカーと虚無月の門の相性も良く、S・トリガーの水の魔導具呪文からパワー9000の何度も蘇る大型ブロッカーが飛び出してくるのも相手からすれば中々脅威である。

呪文面は《ガード・グリップ》相互互換の関係。カードを1枚引くだけだがツインパクトであるためこちらの方が応用力が高く、クリーチャーを1マナ墓地に用意出来るのは非常にスピーディと言えよう。
特に無月の門を持つこのカードにとってこの呪文面は重要。
《卍 デ・ルパンサー 卍/葬爪》と同様、呪文側で自ら墓地に行くことで効率的に無月の門へ繋げることができる。

総じてツインパクトとして綺麗にまとまっているカードだと言える。
環境では【新世壊ガ・リュミーズ】やビートダウン型【デ・スザーク】等、魔導具を採用したデッキで活躍している。

  • 名前と見た目のモチーフは「キル(kill)+麒麟」。麒麟は四神の中央の位置付けであり、不死鳥と関係づけられる鳳凰としばしば対に扱われる。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考