《卍 デ・スザーク 卍》

卍 デ・スザーク 卍 MDS 闇文明 (8)
クリーチャー:マスター・ドルスザク/マフィ・ギャング 9000
無月の門:自分の魔導具をバトルゾーンに出した時、自分の魔導具をバトルゾーンと墓地から2つずつ選び、このクリーチャーを自分の手札または墓地からそれら4枚の上にコストを支払わずに召喚してもよい。
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体破壊する。
このクリーチャーの下に4枚以上カードがあれば、相手のクリーチャーはタップしてバトルゾーンに出る。

DMRP-04魔で登場したマスター・ドルスザク/マフィ・ギャング
新能力無月の門によるコスト踏み倒しcipでの確定除去、そして条件付きのタップイン能力を持つ。

無月の門という独特の召喚方法が特徴、普通に出すとコスト8と重いが合計4枚の魔導具を下にしてコスト踏み倒し召喚できる。魔導具には墓地肥やししつつ回収とコスト軽減の《堕魔 ヴォガイガ》、低コストで除去を行う《堕魔 ドゥポイズ》、ブロッカーの《堕魔 グリギャン》など優秀なものが多くバトルゾーンに出し墓地肥やしが容易に行える為、早いタイミングですんなり召喚することができる。この為バトルゾーンに2体目、3体目の《卍 デ・スザーク 卍》を並べる事も容易い。
無月の門で召喚することにより、相手のクリーチャーをタップしてバトルゾーンに出す効果が加わる。

無月の門の効果故に墓地からでも出せるためマナ、ボトム送りにしない限り、除去したからといって必ずしも安泰とは言えず、蘇る度に除去してくる。更にターン指定が無い為、相手ターンでも召喚可能なので場に残ったりS・トリガーで出てきた魔導具で召喚しカウンターを仕掛ける事も可能で相手からすれば非常に厄介である。当然自分から墓地に送る事で再召喚し効果を使いまわす手も有効。

条件付きとはいえタップイン能力も非常に強力、準備が必要の墓地肥やしのデッキに苦手なスピードアタッカーによるビートダウン戦法の相手も制圧できる。下に4枚以上カードが必要だが大抵無月の門出すためあまり気にならない。

最速で2ターン目に召喚扱いで出てくる上に無月の門の「重ねる前の魔導具と重ねたクリーチャーは同一クリーチャーとはみなされず、タップ状態や付加されていた能力など魔導具のいかなる状態も引き継ぎがない」というルール上の都合もあって、《異端流し オニカマス》には強い。
《異端流し オニカマス》が邪魔なダイレクトアタック要因に感じるなら《堕魔 ドゥポイズ》で退かせば良いし、《一撃奪取 トップギア》《堕魔 ドゥシーザ》で対処できるので、《デ・スザーク》でデッキを組むと自然と【レッドゾーン】のメタになる。ただし、《龍脈術 落城の計》には注意が必要。

欠点としては上記の通り強力な効果を持っているのだがフィニッシャーとして考えると若干力不足であり、元々無月の門で召喚する為に手札消費も激しい事もありジリ貧に陥りやすい。採用する場合は他のカードをフニッシャーにするなど何らかの工夫は欲しい。

  • カード名には記号である「卍」が含まれているが、《悪夢卍 ミガワリ》のものとは違い読み仮名は振られていないので、カード名を読み上げる際などはこの部分は飛ばして、「で・すざーく」とだけ読む。
    ただし、《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》の英字部分と同様に記号もカード名の一部であることには変わりないので、大会でカードリストに記入する際などではしっかりと全て表記する必要がある。
    • このカードの名前を指定する時、名前を口頭で読み上げる必要はないが、フルネームで指定する必要があるので、相手に”卍”のついている《卍デ・スザーク卍》を選んだ事を伝える必要がある(2018年2月2日事務局回答)。
  • 名前の由来は言うまでもなく「デス」と「朱雀」で体には二十八宿の南方朱雀の星座らしきものが見える、名前や種族は朱雀なのだが自身の効果や不死の炎など不死鳥の要素の方が強い。
    • 新種族中心の5パック目で背景を飾り、不死鳥の姿など《超神星ブラックホール・サナトス》を、スザクのイメージカラーである赤色と自身の文明である闇、そして同様に不死鳥の姿からは《暗黒王デス・フェニックス》をそれぞれ連想させる(なおデ・スザークそのものは鳥型のクリーチャーではなく決まった形を持たない不死の炎の肉体を持った存在であり、シークレット版では槍の姿に変形している)。
  • 背景ストーリーでは闇文明のマフィ・ギャング達により魔導具によって描かれた魔法陣により、無月の門より降臨する存在。《煌龍 サッヴァーク》と対になる闇の魔鳳であり、七王によれば復活すればサッヴァーク以上の力を持つらしい。
    • アニメのネタバレ防止や次のシリーズへの伏線の為か、このクリーチャーが魔法陣から召喚された時点で新章の背景ストーリーは終了しており自身の登場パックで活躍する事なく出オチで終わっているという前代未聞の扱いを受けている。次シリーズでの活躍に注目したいところ。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2018-12-05 (水) 10:54:37