《卍 デ・ルパンサー 卍/葬爪(パンテラ)

卍 デ・ルパンサー 卍 SR 闇文明 (8)
クリーチャー:マフィ・ギャング/ドルスザク 8000
無月の門:自分の魔導具をバトルゾーンに出した時、自分の魔導具をバトルゾーンと墓地から2つずつ選び、このクリーチャーを自分の手札または墓地からそれら4枚の上にコストを支払わずに召喚してもよい。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、相手のアンタップしているクリーチャーを1体破壊する。
W・ブレイカー
葬爪 SR 闇文明 (2)
呪文
自分の山札の上から2枚を墓地に置く。

月刊コロコロコミック2018年6月号付録として先行登場し、DMSD-06に収録されたマフィ・ギャング/ドルスザクおよび呪文ツインパクト

クリーチャー面は無月の門によるコスト踏み倒しcipおよびアタックトリガーで相手のアンタップしているクリーチャーを1体破壊する能力を持つ。
呪文面は山札の上から2枚墓地肥やしを行う。

無月の門で出てくるのは《卍 デ・スザーク 卍》と同じだが、このクリーチャーの場合は下にカードが無くてもcipおよびアタックトリガーは問題なく機能することができる。
コスト8のクリーチャーであるため、あらかじめ呪文として唱えて墓地に落としておけば手札事故を避けつつ《戒王の封》リアニメイト出来る。

呪文として唱える事で自身を含めて3枚の墓地肥やしが出来る。無月の門墓地からでも宣言できるため大変効率的。量としてはコストに比例してささやかだが早い段階から使用できるため、あらかじめ魔導具と共に墓地に仕込んでおけば、このカードが狙われる心配はなくなる。

呪文面がコスト2と低いため、発表後すぐに《ロック“SPK”スピーカー》デッキでの活躍も見込まれている。

  • デ・スザークや《無明夜叉羅ムカデ》と違い場にいる限り何度も破壊効果を使えるのは魅力だが、能力の仕様上デ・スザークのタップイン能力とは噛み合わせが若干悪いので注意。
  • 同じスタートデッキの切り札の《ガンバトラーG7》《キングダム・オウ禍武斗》に比べると効果は地味に見えるが、「コスト踏み倒し召喚」「蘇生能力」「召喚時とアタックトリガーによる破壊能力」「呪文面の墓地肥やし」というスタートデッキの切り札にして見ると実際のテキスト量以上にかなり多めの効果が詰め込まれておりある意味スタートデッキにおけるインフレの象徴とも言えるカードである。
  • クリーチャー側はその姿やフレーバーテキストの解説、《卍 デ・スザーク 卍》が朱雀のポジションであることから、四聖獣の白虎がモチーフであるとおもわれる。ただし名前のパンサーは豹である。
  • 呪文側の「パンテラ」も同じく、スペイン語やイタリア語で「豹」を意味する。しかしながら、そちらよりもアメリカの同名のヘヴィメタルバンドの方が世間的にはよく知られているだろうか。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2018-11-12 (月) 20:41:21