卍月(ばんげつ) ガ・リュザーク 卍/(ばん)(ごく)(さつ)

卍月 ガ・リュザーク 卍 MDS 闇文明 (9)
クリーチャー:マスター・ドルスザク/マフィ・ギャング 11000
無月の門・絶:各ターンの終わりに、自分の魔導具をバトルゾーンまたは墓地から合計6つ選び、このクリーチャーを自分の手札または墓地からそれら6枚の上にコストを支払わずに召喚してもよい。
相手のターンのはじめに、相手は自身のマナゾーンのカードを3枚までしかアンタップできない。
W・ブレイカー
卍・獄・殺 MDS 闇文明 (9)
呪文
クリーチャーをすべて破壊する。
すべての墓地にあるカードの合計が13枚以上であり、この呪文が自分のシールドゾーンにあれば、この呪文は「S・トリガー」を得る。

DMRP-06で登場したマスター・ドルスザク/マフィ・ギャング呪文ツインパクト

クリーチャー面は無月の門・絶と相手のターンのはじめアンタップできるマナゾーンカードの枚数を「3枚まで」に制限する能力を持つ。
呪文面はクリーチャーすべてを破壊する効果を持つ。さらにお互いの墓地にあるカードの合計枚数が13枚以上かつこの呪文自身がシールドゾーンにある状態でS・トリガーを得る効果を持つ。

クリーチャー面では相手のマナゾーンの妨害を行い、呪文面では敵味方問わない全体除去を発揮する。どちらの面も重量級だが、それぞれコスト踏み倒しで使えるように設定されており、案外気にならない。

クリーチャー面が持つ能力の一つ目は新たなキーワード能力無月の門・絶無月の門よりも2枚多い6枚もの魔導具を要求するが、そのかわりにバトルゾーン魔導具を用意する必要がなく、バトルゾーン墓地のどちらからでも合計6枚を選択できるため、バトルゾーンが空でもコストを支払わずに召喚することができる。また、発動のタイミングが各ターンの終わりにあることから、タイムラグはあるとはいえ自分や相手が除去したターンの終わりに戻ってくるという、擬似的に破壊耐性を持っているようなもので、後述の呪文面のおかげでシールド送りもさせにくい事から、事実上通常の無月の門より強化されている。
またこのクリーチャーの後述する能力は下の魔導具に依存しないため、下のカードがシールドマナに送られると弱体化を余儀なくされる《卍 デ・スザーク 卍》などの弱点を克服している。

二つ目の能力は、相手はターンのはじめにマナゾーンのカードを3枚しかアンタップできなくなるというもの。相手のマナが全てタップされた状態で召喚した場合、次のターンの相手はマナチャージを含めても4マナしか使えないということになる。
マナの使用制限は殿堂入りした《メガ・マナロック・ドラゴン》を見れば分かるように強力であり、こちら側が単色でも刺さる事や無月の門・絶による除去耐性など制圧能力だけならマナロックより強力である。《卍 デ・スザーク 卍》と同時に並べることで、こちらのマナタップで《卍 デ・スザーク 卍》の対処できない呪文や除去手段などを封じつつ、《卍 デ・スザーク 卍》の強制タップや破壊能力で《卍月 ガ・リュザーク 卍》側の対応できない場のクリーチャーや少ないマナで飛び出す革命チェンジなどにも対処でき制圧能力は非常に高くなる。

呪文面の能力は、発動条件がなくなった代わりにコストが上がり、更にすべての墓地にあるカードの合計が13枚以上という条件付きのS・トリガーとなった《アポカリプス・デイ》といったところ。
単純に呪文単体として見ると、手撃ちが困難な高コストに加えてS・トリガーとしての発動も序盤は期待できず、使い勝手はそれほど良くない。
だが、このカードの最大の強みはクリーチャー面が持つ無月の門・絶とツインパクトの相性の良さだろう。
呪文として墓地に置かれたこのカードがターンの終わりに《卍月 ガ・リュザーク 卍》としてそのまま登場できるため、条件を満たしてさえいれば実質的に全体除去持ちのS・トリガークリーチャーのように扱うことができる。すべての墓地を対象とするためこのカードが無月の門・絶で召喚出来る中盤〜終盤では条件を満たすのもそう難しくない。 

無月の門・絶S・トリガー付与も大量の墓地肥やしを行って初めて発揮されるので《堕魔 グリギャン》等を使いまわして墓地を増やしまくろう。 

主な対策としては、《龍素記号Xf クローチェ・フオーコ》《お清めトラップ》などの墓地肥やしメタカードが挙げられる。墓地にある魔導具ごと山札に戻してしまえば無月の門・絶での再召喚は困難になり、呪文面のS・トリガーの条件も満たせなくなる。
それでも召喚を許してしまった時に備え、《父なる大地》《オリオティス・ジャッジ》など、4コスト以下で墓地手札以外のゾーンに移動させる除去も用意しておくと万全。

環境において

双極篇環境では、両面ともに墓地に貯めるカードの要求値が高く、さらにクリーチャー面は苦労して出しても相手盤面に触れられない、と逆転札としては利用できない点が顕在化。
《卍 デ・スザーク 卍》をメインフィニッシャーに任せ、これは余裕がある時に詰めとして使うが実情になっている。
だがあくまでも速いデッキに対して実力が発揮できないだけで、バトルゾーンリセットマナフリーズといった後半に爆発する能力を持ち合わせているのでゲームが長引けば強さを発揮するカードといえる。【チェンジザダンテ】がトップメタの一角にある中、そうした低速デッキに刺さる面もある。

【デ・スザーク】においてはまた、《ゼンメツー・スクラッパー》のような軽量全体除去へのケア札と言える。個々のカードパワーが非常に低く大した除去耐性も持たない軽量魔導具の欠点をこのカードが補っているとも見做し得る。

その他

  • 3マナ使用制限の能力は当然ながら相手マナに左右されるので、相手が気付かずに普通にアンタップするなどの事態が十分起こり得る為トラブルの元になりかねない。この為公式裁定ではきちんとターンのはじめにアンタップするように指摘するなど注意されている。
    • アニメでは能力をわかりやすくする為かミノマルマナが既に全てアンタップしていた状態だったが、あくまで演出であり当然ながら実際のデュエルではルール違反である。
  • モチーフは四神の「青龍」と思われる。クリーチャー面のカード名の由来は「画竜点睛」および「朱雀」、呪文面は格闘ゲーム「ストリートファイター」シリーズに登場する架空の技である「瞬獄殺」の捩りだろう。
    • 《卍 デ・スザーク 卍》と類似した鳳凰のような姿を持つ一方、皮膚や尻尾はドラゴンを思わせる姿に変化している。これは恐らく「青龍」に相当する存在という点を意識したものと思われるが、ドラゴン種族は持っていない。あくまで《卍 デ・スザーク 卍》を構成する「不死の炎」がドラゴンの特徴を模した姿になっているだけなのであろうか。
  • シークレット仕様は、無月の門・絶によって、六つの魔導具が形成された魔法陣から現れた「卍月」から出現する様子を描いたものとなっている。後述のアニメでも同様の演出と共に召喚されている。
  • アニメでは「ミノマルvsゼーロ」のデュエルで初登場。数多くのデュエリストを倒し進化の兆しを見せる中で実力者のミノマルとのデュエルによるゼーロの成長に呼応し、ゼーロの最後のシールドの《卍 デ・スザーク 卍》が変化する形で進化を遂げた。Sトリガーになった《卍・獄・殺》で場を一掃した後、ミノマルのターンで無月の門・絶で召喚され、ミノマルの動きを封じる。直後に《ナ・ハナキ・リー》により戦闘破壊されるものの、無月の門・絶で再召喚されフィニッシャーになった。
    • このカードをを引き当てる際のドローバンクでの"卍"の部分を強調して放った台詞「卍・獄・殺」は、漫画「BLEACH」の「卍解」を彷彿とさせる。また、ドローバンク直前のゼーロの「黒い月は出ているか」という台詞は、アニメ「ガンダムX」の登場人物ジャミル・ニートのセリフである「月は出ているか」のオマージュであると思われる。
    • 《卍・獄・殺》の全体除去の際には、「卍月」の中から無数の槍が降り注ぎ、バトルゾーンのクリーチャーを一掃する演出がなされている。32話ラストでは文明の力を得た。

関連カード

収録セット

参考


Last-modified: 2018-12-03 (月) 08:28:48