彗星(すいせい)精霊(せいれい)リムエル》

彗星の精霊リムエル SR 光文明 (8)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 6000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、自分のマナゾーンにあるタップされていない光のカード1枚につき、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選んでタップしてもよい。

DM-04で登場したエンジェル・コマンド

登場した当時はコスト踏み倒しが無かったためかなり非現実的な能力だったが、現在は《緊急再誕》を始めとしたカードを使って活躍させることが可能。

しかしながらそのようなコンボを使うまでもなく、マナさえ溜まっていれば《バリアント・スパーク》で一発のため、現在も実用性は薄いカードと言える。

せめてブロッカーを持っていれば、マナが余った局面においてS・トリガーで唱えた《ヘブンズ・ゲート》から出すことで活躍できたであろう。

  • 《凶骨の邪将クエイクス》と対になるカードである。あちらと同様に味方の数を指定するタイプであったなら当時でも使えただろう。

関連カード

収録セット

参考