殲滅(せんめつ)覚醒者(かくせいしゃ)ディアボロス Z(ゼータ)

殲滅の覚醒者ディアボロス Z SR(SSR) 闇文明 (16)
サイキック・クリーチャー:デーモン・コマンド 18000
E・ソウル
バトルゾーンにある相手のクリーチャーすべてのパワーは−5000される。
バトルゾーンにある自分の他のクリーチャーすべてのパワーは+5000される。
Q・ブレイカー
解除
覚醒前⇒《時空の封殺ディアス Z》

DM-37で登場したE・ソウル持ちのサイキックデーモン・コマンド
《時空の封殺ディアス Z》覚醒した姿。

能力は単純明快かつ非常に強力で、相手のクリーチャーパワーを-5000し、更に自軍を+5000する。相手のシステムクリーチャーウィニーを一掃するだけでなく、普通は殴り倒せないファッティをパワーが10000劣るクリーチャーで相打ちを取れるようになる。
その制圧力は凄まじいもので、相手のデッキによっては完全な「詰み」に持ちこむ事も出来る。

全体火力や他のパワー低下との相性も抜群。《ローズ・キャッスル》《希望の親衛隊ファンク》《スーパー炎獄スクラッパー》と組めば相手の場はほぼ全滅だろう。

自身のサイズもパワー18000のQ・ブレイカーと非常に巨大。
自軍のパンプアップの能力には「他の」と書かれているため、このクリーチャー自身はパワーアップしないものの、それでもパワー23000以下の相手を殴り倒す事ができ、フィニッシャーとしても極めて優秀といえる。

問題点は、自身や覚醒前である《時空の封殺ディアス Z》の能力で相手のクリーチャーが確実に少なくなるため、一度解除されると再び覚醒するのが非常に難しい事。
適当なバウンス一発で覚醒前に戻ってしまうので過信は禁物である。

とはいえ、一度このクリーチャーで攻めこんでしまえば、解除されたとしても相手の戦力は相応に疲弊しているはずなので特に問題は無い。
《時空の封殺ディアス Z》のままでも十分強力だが、隙あらば積極的に覚醒を狙っていきたい。

  • 自分のターンの終わりに誘発する能力でこのクリーチャーが解除された場合、条件を満たしていても再び覚醒することは出来ない。ターンの終わりに誘発する能力がチェックされ、トリガーする時には《時空の封殺ディアス Z》の覚醒能力はバトルゾーンに存在しない扱いのためである。
  • ディアボロス(Diabolos)の本来の意味はギリシャ語で"加害者"。これが派生して悪魔という意味を持つようになった。
  • シークレットカードが存在する。そちらは体色が白くなっており、名前の部分やカードの黒枠からイラストがはみ出し、手前の竜の吐く炎がより派手になっている。
  • 「劇場版デュエル・マスターズ 炎のキズナXX」でも、背景ストーリー同様に文明の親玉として登場。CV:故・たてかべ和也
    当時のコロコロコミックでは、たてかべ氏の代表作でもある「ジャイアン」を髣髴とさせる謳い文句で宣伝されている。

関連カード

収録セット

参考