煌世主(ギラメシア) サッヴァーク(カリバー)

煌世主 サッヴァーク† MDG 光文明 (10)
クリーチャー:マスター・ドラゴン/メタリカ 17000
相手のクリーチャーが攻撃する時、自分のシールドゾーンにある表向きのカードを3枚、裏向きにしてもよい。そうしたら、このクリーチャーを自分の手札からバトルゾーンに出す。
ブロッカー
ドラゴン・T・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを3つブレイクする。各ブレイクの前に、自分の山札の上から1枚目を、裏向きのまま新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置くか、表向きにして自分のシールド1つの上に置く)
自分のシールドゾーンに表向きのカードが3枚以上あれば、このクリーチャーはバトルゾーンを離れない。

DMRP-07で登場したマスター・ドラゴン/メタリカ

自分のシールド表向きカードが3枚以上あれば、相手の攻撃に反応して3枚裏向きにすることでコスト踏み倒しが可能となる巨大ブロッカー《ミラクル・ミラダンテ》を上回るパワーで迎撃できるので、奇襲性が高い。相手のターン中なので《異端流し オニカマス》《ポクチンちん》等の影響を受けないのも魅力。
また、《暴走龍 5000GT》はおろか《龍世界 ドラゴ大王》《時の法皇 ミラダンテXII》《聖霊王アルファディオス》といったクリーチャーの強力なロックにもひっかからず、表向きシールドが3枚あれば相手の攻撃時にバトルゾーンに出すことが可能であり、しかもそれらのクリーチャーパワーを上回るため返り討ちも可能。
コスト踏み倒し裁きの紋章と合わせて使う事を想定されており、デザイナーズコンボである。

専用能力ドラゴン・T・ブレイカーは、《煌龍 サッヴァーク》が持っていたドラゴン・W・ブレイカーより一枚多くブレイクでき、最大3枚ものシールドを裏向きで増やしたり、表向きシールドの上に置くことができる。この効果が意味するのは、あちらで証明済み。

加えて、条件次第でバトルゾーン離れない能力も強烈で、裁きの紋章唱えていなくても一度攻撃を通してしまえばドラゴン・T・ブレイカーにより3枚の表向きシールドカードを作ることができる。発動してしまえば相手の除去カードを纏めて腐らせてしまう為、特に除去カードが大量に入る代わりにシールドを大量にブレイクできるクリーチャーがいない【デ・スザーク】相手には非常に強力なクリーチャーと化す。

しかしこれらの能力は、そこそこ噛み合っていない。表向きのシールドが3枚以上ないと除去耐性を持たないにも関わらず、コスト踏み倒し条件が表向きシールドを3枚裏向きにすることだったり、ドラゴン・T・ブレイカーを行使するために攻撃するとブロッカーが腐ってしまったりと、問題が多い。ただ、ドラゴン・T・ブレイカー表向きに置いた場合、新たなる《煌世主 サッヴァーク †》踏み倒しができるため、相手にブラフをかける事もできる。

その他の弱点として、《煌龍 サッヴァーク》と違って、直接的にバトルゾーンに干渉できる能力ブロック、もしくは殴り返しのみしかない。そこは各種裁きの紋章と組んでカバーしたい。特に《天ニ煌メク龍終ノ裁キ》と組ませれば相手のクリーチャーフリーズと相手のシールドが1枚もない状況を作れる為勝利に大きく近づく。
また、ブロッカーであるがゆえに、アンブロッカブル「攻撃先は変更できない」持ちのクリーチャーの攻撃にも弱い。
他にもコストが高いことが災いして、《ドラゴンズ・サイン》《ジャスティ・ルミナリエ》に非対応となってしまった。《ヘブンズ・ゲート》《天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》に対応するようになったが、これらのカードが入る【ヘブンズ・ゲート】では、表向きシールドを増やす手段が乏しいため、パワーの高さとドラゴン・T・ブレイカーしか生かせるところがないため、採用が厳しい。相手が中々攻撃しない場合にはこちらで出すのも考えよう。シールドが3枚以上表向きになっていれば安心して自分のターン踏み倒せる。

総じて、一見高い防御力と奇襲性を持っているが、実際はとても癖の強いカードと言える。しかし、コンボとして使えそうなカードも多く、デッキビルディングの腕がなるところだろう。

関連カード

収録セット

参考

公式Q&A

Q.シールドゾーンにある表向きカードでも構いませんか?
A.はい。かまいません。