煌龍(キラゼオス) サッヴァーク》

煌龍 サッヴァーク MDG 光文明 (7)
クリーチャー:マスター・ドラゴン/メタリカ 11000
ドラゴン・W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする。各ブレイクの前に、自分の山札の上から1枚目を、裏向きのまま新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置くか、表向きにして自分のシールド1つの上に置く)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある相手のカードを1枚選び、表向きにして持ち主のシールド1つの上に置く。
自分のクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりにいずれかのシールドゾーンにある表向きのカードを1枚選び、持ち主の墓地に置いてもよい。

DMRP-04裁で登場したマスター・ドラゴン/メタリカ

能力ドラゴン・W・ブレイカーと、cipバトルゾーンにある相手カードを1枚選び表向きにして持ち主のシールド1つの上に置くカード指定除去、さらに自分のクリーチャーバトルゾーン離れる時にかわりにいずれかのシールドゾーンにある表向きカードを1枚身代わりにして墓地に置く置換効果を持つ。

このクリーチャーが持つドラゴン・W・ブレイカーは、相手のシールドを2つ失わせると同時に自分のシールドを2つ回復させることができるため、相手とのアドバンテージを覆す性能を持つ。また、表向きにしてシールドに重ねることもできるのでシールド・ゴー裁きの紋章との相性は抜群。
cipカード指定除去クリーチャーだけでなく除去しにくいD2フィールドも対象にとれ、言うまでもなく強力。シールドの上という触れにくい場所に送るためブレイクしない限り半永続的に除去しておけるだろう。S・トリガー効果を持つカードを選んだ場合、発揮させてしまうリスクもあるが、後述の置換効果で墓地に落とすことである程度補える。また相手のシールドがないとcipが不発になってしまう。

自分のクリーチャーに付与される置換効果コストとなるシールドカードは持ち主を問わないため、かなりの耐性を持つ。前述のcipと合わされば出ただけでも耐性を持つことができる。ただし、そのシールドを先に回収あるいはブレイクされてしまうと通常のシールド以上に相手に手札を与えてしまう点には要注意。

真骨頂はやはりストーリー上の過去の姿である《サッヴァークDG》とそれがもたらす裁きの紋章とのデザイナーズコンボだろう。《サッヴァークDG》の効果でこのクリーチャーがバトルゾーンに出た時点で、場には最低3〜4枚の表向きのシールドが存在することになるため、すぐに強力な除去耐性を得ることができる。さらに裁きの紋章があるということは(ストーリー上でのさらに過去の姿でもある)《DG 〜ヒトノ造リシモノ〜》での使い回し体勢にもスムーズに入ることができる。これらのシナジーを利用した白零サッヴァーク・白緑サッヴァークと呼ばれるデッキタイプも存在する。>【サッヴァーク】

DMRP-04魔にて専用のアタック・チャンス呪文《天ニ煌メク龍終ノ裁キ》を獲得。自前のドラゴン・W・ブレイカーとも相まって強力なフィニッシュ手段となる。

  • DMGP-7th』(新章デュエル・マスターズと双極篇の2ブロック構築)ではTop32進出者中8人が使用と、使用率2位タイを記録。
  • ドラゴン・W・ブレイカーでシールドを表向きにして置く時、その位置を決めるのは、表向きにしてからでもよい(2019年1月11日事務局正式回答)。
  • ドラゴン・W・ブレイカーでシールド追加をするのは「各ブレイクの前」なので、相手のシールドが1枚だけなら追加できるシールドも1枚だけとなる。
  • 名前の由来は文字通り「裁く」からだが、「ザッハーク」(ペルシアの叙事詩「シャー・ナーメ」に登場する、両肩に蛇を生やした王。大蛇や龍と非常に関係性が深い)とのダブルミーニングではないかという考察もある。
  • 新章背景ストーリーのラスボスを務めるクリーチャーでありながら、双極篇背景ストーリーにおいて《煌世主 サッヴァーク†》進化した。ラスボスでありながら次の背景ストーリー以降も生存し、さらに新たな姿を手に入れるのはメディアとの関係上仕方のないことではあるが非常に珍しい。
    ただ、生存している関係上あまりこのクリーチャーはラスボス扱いを受けることが少ない。
  • 漫画・アニメ共にキラの切り札として登場。
    • アニメ版では、このカードの凄さを語るキラの独特の動きに併せて、一緒に同じ動きをするという、見た目に反してコミカルな様子を見せる。この時の一連の動きは「サッヴァーク体操」と呼ばれる事も。アニメにおいては前述の通り強力な除去耐性を誇るもののほぼキラが負ける回=このクリーチャーが破壊される回なので意外にも破壊されることが多かった。
      「デュエル・マスターズ!」25話では《煌世の剣 メシアカリバー》を手に入れたキラが《メシアカリバー》と共に使用。《メシアカリバー》とこのクリーチャーは破壊されてしまうが、スペシャルドローに引いたこのカードと墓地の《メシアカリバー》と一体化し、新たな姿に進化した。ちなみにこの回は《煌世の剣 メシアカリバー》をこのクリーチャーが装備品のように扱っていた。

関連カード

背景ストーリーのラスボス

収録セット

参考


Last-modified: 2019-01-11 (金) 17:26:46