C.A.P.(キャプテン) アアルカイト》

C.A.P. アアルカイト MAS 水文明 (5)
GRクリーチャー:トリックス/ワンダフォース 2000+
バトルゾーンに自分の水のGRクリーチャーが4体以上あれば、このクリーチャーのパワーを+7000し、「W・ブレイカー」を与える。
超天フィーバー:相手のクリーチャーが攻撃する時、バトルゾーンに自分の水のGRクリーチャーが5体以上あれば、自分の他の水のGRクリーチャーを4体、自分の超GRの一番下に好きな順序で置いてもよい。そうしたら、このターンの残りをとばす。

DMRP-10で登場したトリックス/ワンダフォースGRクリーチャー

《The ジョラゴン・ガンマスター》《煌銀河 サヴァクティス》とは違い、自身の種族ではなく水のGRクリーチャーの数に応じた効果を持つ。

パンプアップW・ブレイカー化は、自身を含めて水のGRクリーチャーを4体、超天フィーバーには5体も必要とし、GR召喚を複数回もこなさなければ達成できないようになっている。
かなり厳しいハードルに見えるが、《Wave All ウェイボール》などのGR召喚を複数回行えるカードと組み合わせることで簡単に達成できる。
上記の2体とは違いメインデッキのカードが1枚も無くても条件を満たせる。GRクリーチャーを大量展開することが出来る《二重音奏 サクスメロディ》等を有するメタリカデッキなどとも相性がいい。

超天フィーバーは他の水のGRクリーチャー4体と引き換えにターンの残りをとばすことであらゆる攻撃を終了し、ゲームの敗北までも回避できる強力な能力。毎ターン4体以上のGR召喚が可能であれば延々と攻撃を止め続けることができる。
ただし、「自分の他の」とあるので《C.A.P. アアルカイト》自身を数に含めることはできず、そもそもGRクリーチャーの数が少なかったり、除去されていると効果を発動できないので、数を並べながら上手くゲームを進められるかが重要となる。
また、効果の発動順の関係で相手の攻撃時能力は防ぐことができない。このタイミングでGRクリーチャーの数を削られると超天フィーバーそのものが不発に終わることもある。
こうしてみると、見た目の派手さとは裏腹に繊細なバトルゾーンの管理を要求する、玄人向けのカードと言っていい。

  • 名前は古代エジプトにおいて『楽園』を意味する「アアル」と、英語で俗に飛行機を指す「カイト」を繋げたもの。また、その中にはシャチの別名である「オルカ」のもじりも含まれている。

関連カード

収録セット

参考


公式Q&A

Q.《C.A.P. アアルカイト》の超天フィーバーの能力でオーラが付いたGRクリーチャーを自分の超GRの一番下に置くとき、それについていたオーラはどうなりますか?
A.墓地に置かれます。超GRにはGRクリーチャーしか存在できません。通常のカードが超GRに行った場合、墓地に置かれます。
引用元