C.A.P.(キャプテン) アアルカイト》

C.A.P. アアルカイト MAS 水文明 (5)
GRクリーチャー:トリックス/ワンダフォース 2000+
バトルゾーンに自分の水のGRクリーチャーが4体以上あれば、このクリーチャーのパワーを+7000し、「W・ブレイカー」を与える。
超天フィーバー:相手のクリーチャーが攻撃する時、バトルゾーンに自分の水のGRクリーチャーが5体以上あれば、自分の他の水のGRクリーチャーを4体、自分の超GRの一番下に好きな順序で置いてもよい。そうしたら、このターンの残りをとばす。

DMRP-10で登場したトリックス/ワンダフォースGRクリーチャー

《The ジョラゴン・ガンマスター》《煌銀河 サヴァクティス》とは違い、自身の種族ではなくGRクリーチャーの数に応じた効果を持つ。

パンプアップW・ブレイカー化は、自身を含めてGRクリーチャーを4体、超天フィーバーには5体も必要とし、GR召喚を複数回もこなさなければ達成できないようになっている。
どれもかなり厳しいハードルに見えるが、《Wave All ウェイボール》などのGR召喚を複数回も行えるカードをあらかじめ用意しておくことが重要となる。
上記の2体とは違い極論メインデッキのカードが1枚も無くても条件が満たせる。GRクリーチャーの大量展開が出来る《二重音奏 サクスメロディ》等を有するメタリカデッキなどとも相性がいい。

都合上、先に達成できるパンプアップによりある程度の殴り返しが効くため、超天フィーバーの発動まで凌げるが、達成させるのがどうしても時間がかかる場合は、先に攻撃を仕掛けてゲームを終わらせるのが一番無難か。

超天フィーバーは条件を満たせばゲームの敗北を回避できるものの、間違って自身を超GRゾーンに送ることは何としても避けたい。
しかも数を少なくされるとまず発動できないので、数を並べながら上手くゲームを進められるかが重要となる。
こうしてみると、かなり玄人向けのカードと言っていい。

  • 名前は古代エジプトにおいて『楽園』を意味する「アアル」と、英語で俗に飛行機を指す「カイト」を繋げたもの。また、その中にはシャチの別名である「オルカ」のもじりも含まれている。

関連カード

収録セット

参考