D(ディー)機関(きかん) オール・フォー・ワン》

Dの機関 オール・フォー・ワン R 水文明 (5)
D2フィールド
自分のターンの終わりに、自分のクリーチャーを1体、破壊してもよい。そうしたら、そのクリーチャーよりコストが最大2大きい、水の進化ではないクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出す。
(他のD2フィールドがバトルゾーンに出た時、このD2フィールドを自分の墓地に置く)
Dスイッチ:自分のクリーチャーがバトルゾーンに出て、その能力がトリガーする時、このD2フィールドをゲーム中で一度上下逆さまにしてもよい。そうしたら、その能力は1度のかわりに2度トリガーする。

DMR-22で登場したD2フィールド

自分のターン終了時にクリーチャー1体を犠牲にすることで手札からそれより2コスト大きい非進化獣をコスト踏み倒しする能力と、クリーチャーが場に出た時にcipを2回発動させるDスイッチを持つ。

コストとなるクリーチャーが必要とは言え、毎ターン自分のクリーチャーコスト踏み倒しできるのは強力。タイミングの関係上、最低1回でも能力を使用できるのは張り替えの怖いD2フィールドにとっては強みである。
例えばコスト4のクリーチャーから繋げれば、コスト6のクリーチャーを一足早く呼び出す事ができる。コスト6にはこのフィールドデザイナーズコンボを形成するパワーカード《禁断機関 VV-8》、双方の能力を合わせ合計最大4体のコスト踏み倒しができる《電脳大河バタフライ・ブランデ》ドラグナー《龍覇 メタルアベンジャー》《龍覇 M・A・S》などが控える。

また、Dスイッチは自分のクリーチャーcip効果を2倍にするという斬新な能力
こちらは《D2W ワイルド・スピード》とのデザイナーズコンボでもあり、2体のクリーチャーをコマンド化しながらコスト踏み倒しする事で《禁断機関 VV-8》の3枚の封印を一気に外すというものである。
他にも、《サイバー・G・ホーガン》《クイーン・アマテラス》といった強力なcip持ちに使うだけでも多大なアドバンテージに繋げる事ができる。

こちらは対象となるクリーチャー文明を問わない。前述の《龍覇 メタルアベンジャー》《龍覇 M・A・S》に限らず、あらゆるドラグナーを2刀流に変えることができる。わずか5コストcipを2倍にできるという能力がいかに凶悪かを堪能できるだろう。


ルール

Dスイッチの対象は「バトルゾーンに出たそのクリーチャーcip能力」であるため、バトルゾーンに出た事に反応する他のカード能力や、コマンドを出した際の封印の取り外しを2度行う事はできない。

Dスイッチcipがトリガーする直前に割り込んで処理されるが、Dスイッチそのものは置換効果ではない。Dスイッチの処理を経てはじめて置換効果が実施される。一方で、《界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ》はこのDスイッチと同質の条件節を持つ置換効果そのものである。したがってアクティブ非アクティブに関わらず、置換効果そのものである《ワルド・ブラッキオ》が優先される。トリガーそのものが無効化されるのでDスイッチするタイミングを失ってしまう。


その他

  • 「オール・フォーワン」とは「One for all, All for one(一人は皆の為に、皆は一人の為に)」のフレーズの後半部分。使用者のNo.2の心情から鑑みるに『全てはバサラの為に』と言った所か。

サイクル

DMR-22単色D2フィールド

関連カード

収録セット

参考