D2P(ディーツーピー) ヘビーポップ》

D2P ヘビーポップ SR 光文明 (6)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/マスター・イニシャルズ 6500
W・ブレイカー
自分のターンの終わりにカードを1枚引いてもよい。その後、光のコスト3以下のクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。
自分のターンのはじめに、バトルゾーンに自分のD2フィールドと、自分の同じ名前のクリーチャーが4体以上あれば、自分はゲームに勝つ。

DMR-21で登場したエンジェル・コマンド/マスター・イニシャルズ

ターン終了時のドロー手札からのコスト踏み倒しに加え、D2フィールドと同名カード4枚以上が揃っている事を条件としたエクストラウィン能力を持つ。

一番目の能力クリーチャーを揃えていき、二番目のエクストラウィン能力による勝利を目指すという分かりやすいカード

揃えるクリーチャーの種類に制限はないのだが、通常クリーチャーデッキに4枚入れ、それらとこのクリーチャー、そしてD2フィールドバトルゾーンに集めてくるのは至難の技である。
だが4枚以上デッキに入れることができるクリーチャーなら難易度は格段に下がる。特に同時収録の《O・HA・NA・P》《師団の先導者 ツラトゥストラ》で集められる《遊撃師団 ニューイー》は一番目の能力で踏み倒すことができるため、それらと合わせて専用構築を組むのが良い。
あるいは《時空の英雄アンタッチャブル》《光器シャンデリア》といった耐性持ちの軽量サイキック・クリーチャー超次元呪文で一気にばら撒くという手もある。

D2フィールドに関しては別に用意するしかないが、これまた同時収録の《Dの楽園 サイケデリック・ガーデン》から繋げることができる。そちらのエスケープ付与能力でこのクリーチャーや揃えたいクリーチャー除去から守れば勝利は目前である。

この手のカードの定番として除去に弱いというのがある。上記の通り《Dの楽園 サイケデリック・ガーデン》で補うことができるが、破壊以外の除去、特に軽量バウンスをやられると数を揃えるのは困難になる。また、当然ながら《天使と悪魔の墳墓》も天敵中の天敵である。
幸いには呪文封じの能力が多いため、それらを駆使しつつ数を揃えていきたい。

関連カード

収録セット

参考


Last-modified: 2019-01-11 (金) 17:50:10