D2W2(ディーツーダブルツー) ギガスピード》

D2W2 ギガスピード SR 水文明 (6)
クリーチャー:ソニック・コマンド/マスター・イニシャルズ 6000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある他のカードを1枚選び、持ち主の手札に戻してもよい。その後、バトルゾーンに自分のD2フィールドがあれば、バトルゾーンにあるクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい。
自分の水のコマンドはブロックされない。

DMR-23で登場したソニック・コマンド/マスター・イニシャルズ

cipでこのクリーチャー以外をカード指定除去バウンスでき、D2フィールドがあればこのクリーチャーを含むクリーチャー限定でさらにもう1回バウンスが放てる。また、それとは別にこのクリーチャーを含むコマンドブロックされない状態にする。

カード指定除去のみ、あるいはD2フィールドの存在下で2回の除去を放つだけでもそこそこの強さだが、より意識すべきはDMR-22で先に登場した「W」のイニシャルズやその関連カードとのデザイナーズコンボだろう。

まず《禁断機関 VV-8》と組み合わせた場合、コマンドであるこのクリーチャーcipカード指定除去で2枚の封印を一度に外すことができる。
《Dの機関 オール・フォー・ワン》があれば、Dスイッチにより2回バウンスを放ちつつ《禁断機関 VV-8》封印を全て外すという芸当もできる。禁断機動を狙わない場合でも、コスト4クリーチャー→《オール・フォー・ワン》のクリーチャー改造能力とつながり、一足先に4回ものバウンスを放ちながら登場できる。
《D2W ワイルド・スピード》cipでこのクリーチャーを踏み倒せる上に、「《禁断機関 VV-8》ブロックされないを与えられない」問題を種族追加によって解消できる。

DMR-22デザイナーズコンボは6マナの時点で空きができていたため、《D2W ワイルド・スピード》を出すよりも一歩早く禁断機動できるようになったのは朗報。上記の通り取れる動きは多く、ソニック・コマンドデッキでは大いに活躍してくれるだろう。

  1. 《禁断機関 VV-8》cipによる封印時に《ギガスピード》を封印として仕込む。
  2. 《チューン・アゲイン》を唱え、封印カードとして置いた《ギガスピード》を手札に加える。(封印残り2)
  3. ソニック・コマンドである《ギガスピード》をそのままコスト踏み倒しし《VV-8》の封印を外す。(封印残り1)
  4. 《ギガスピード》のcipで《VV-8》の最後の封印バウンスし、禁断機動達成。

関連カード

収録セット

参考