FORBIDDEN STAR(フォービドゥンスター)世界最後(せかいさいご)()〜》

FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜 SKDL 闇/火文明 (マナコストなし)
最終禁断フィールド
この最終禁断フィールドは、ゲーム開始時、四隅に封印を1つずつ付けてリンクしたフィールドとしてバトルゾーンに置く。(カードを封印するには、自分の山札の上から1枚目を裏向きのままそのカードの上に置く)
バトルゾーンにある自分の封印は、各ターンに1つだけ、闇または火のコスト5以上のコマンドを召喚または「侵略ZERO」を使ってバトルゾーンに出すことによってのみ、外すことができる。(外した封印は墓地に置く)
自分は、コマンド、イニシャルズ、あるいは名前に《禁断》とあるクリーチャーでしか攻撃できない。
この最終禁断フィールドはバトルゾーンを離れない。
(左上)α:このカードから封印が外された時、相手のパワー1111以下のクリーチャーを1体、破壊する。(右上)δ:このカードから封印が外された時、このターン、自分のクリーチャー1体に「スレイヤー」を与える。
(左下)β:このカードから封印が外された時、このターン、自分のクリーチャー1体に「パワーアタッカー+2222」を与える。(右下)γ:禁断爆発:このカードから封印が外された時、この最終禁断フィールドに封印が1つもなければ、裏返し、1体のクリーチャーとして合体させる。
禁断爆発後⇒《終焉の禁断 ドルマゲドンX》
※殿堂入り
FORBIDDEN STAR〜THE LAST DAY OF THE WORLD〜 FFLC Darkness/Fire
Final KNDN Field
This Final Forbidden Field starts the game in the battle zone with 1 seal attached to each of its 4 corner cards.
You can remove only 1 seal from battle zone each turn and only by putting a darkness and/or fire command that costs 5 or more into the battle zone by summoning it or using its "Invasion Zero" ability.
You can attack only with commands initials and creatures that have "FORBIDDEN" in their names.
This Final Forbidden Field can't leave the battle zone.
(upper-left)α: ΩWhen this corner is unsealed, one of your opponent's creatures that has power 1111 or less.(upper-right)δ: ΩWhen this corner is unsealed, one of your creatures gets "Slayer" until the end of the turn.
(lower-left)β: When this corner is unsealed, one of your creatures gets "Power Attacker +2222" until the end of the turn.(lower-right)γ: ΩKNDN Big Bang: When this corner is unsealed, if this Final KNDN Field has no seals on it, flip it into a single linked creature.

DMR-23で登場した最終禁断フィールド

《禁断〜封印されしX〜》のように最初からバトルゾーンに存在するカードだが、これは5枚組で1つのオブジェクトである。そして《禁断〜封印されしX〜》らとは異なり、 40枚のメインデッキにも、8枚の超次元ゾーンにも含まれず、完全に独立している
4枚のカードは「田」の字状に台座(タップ位相の4体神が最も形状としては近い)となり、その中央にテキストカードが鎮座する格好でリンクし、1つの大きなフィールドとして存在する。
また、封印が付いている間もこのカードのすべての特性は生きている。これは「封印の付いたクリーチャーは両プレイヤーに無視される」という定義のため。したがってクリーチャーではないこのカードは何も制限されることはない。

ゲーム開始から4つの封印が付けられるが、他のカードの場合と違い四隅のパーツにそれぞれ1つずつ封印を置くことが指定されている。そして、外された封印の位置によって異なるトリガー能力誘発する
右下のカード封印を最後に外し、計4枚の封印を外すことができれば、禁断爆発がトリガーし、禁断解放と同様クリーチャーへと変化することができる。

ただし、封印を外すことに関する常在型能力があり、「1ターンに1度だけ」「またはの」「コスト5以上の」コマンドを「侵略ZEROを除き召喚で出した場合のみ」しか外せない。
それだけでなく攻撃可能なクリーチャーも限定される。「コマンド」「イニシャルズ」「名前に《禁断》とある」のいずれかを満たしていない自分のクリーチャーは、このフィールドの存在下では全く攻撃することができない。


自分のみに封印を外す対象と攻撃できるクリーチャーに大きな制約がかかるため、専用構築にならざるをえない。《禁断〜封印されしX〜》とは全く異なる用途の「最初からバトルゾーンに存在するカード」だと捉えるのが無難である。

とりあえずまたはコマンドイニシャルズデッキを固めれば不自由はなく、あとは封印外しの際の追加効果メリットとして働いてくれる。禁断爆発以外は微々たる効果に見えるが、これ自体にコストはかからない点を生かしてうまく回したいところ。

ルール

封印を外せる条件をわかりやすく書くとすれば以下のようになる。

バトルゾーンにある自分の封印を外す前に、以下の条件を確認する。
すべてを満たしている場合は1つ封印が外れる。1つでも満たしていない場合は封印を外せない。
■このターン、1つも封印を外していない。
■封印を外す要因が「バトルゾーンに自分のコマンドが出た」ことである。
■バトルゾーンに出たコマンドは、次のどちらかである。
 1.召喚によりバトルゾーンに出た、コスト5以上の闇または火のコマンドである。
 2.侵略ZEROによりバトルゾーンに出た、コスト5以上の闇または火のコマンドである。

封印を外す追加条件はこのフィールドだけでなく、自分のすべてのカードにかかる
例えば自分の他のカード封印を外したら、そのターンはもうこのフィールド封印を外すことはできない。逆も然り。

条件により普通のコスト踏み倒しでは封印を外すことはできない。さらに、カード指定除去による封印外しも不可能となる。仮に相手のカード効果封印除去されそうになった場合も不発に終わる。

条件の「またはの〜」という部分は、このフィールドも含めたまたはカード封印を外す分には、従来の封印と同じなので特に問題にならない。
しかし、他の文明カード封印されてしまった場合は、その文明またはを併せ持つコマンドを出す必要が生じる

+  具体例

実際の《FORBIDDEN STAR》は、以下のように5枚のカードから成り立つフィールドである。それぞれのカードの位置がわかりやすいように色分けしてあるが、実際にこのような色をしているわけではない。

このカードから封印が外された時、相手のパワー1111以下のクリーチャーを1体、破壊する。このカードから封印が外された時、このターン、自分のクリーチャー1体に「スレイヤー」を与える。
FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜 FFLC 闇/火文明 (マナコストなし)
最終禁断フィールド
この最終禁断フィールドは、ゲーム開始時、四隅に封印を1つずつ付けてリンクしたフィールドとしてバトルゾーンに置く。(カードを封印するには、自分の山札の上から1枚目を裏向きのままそのカードの上に置く)
バトルゾーンにある自分の封印は、各ターンに1つだけ、闇または火のコスト5以上のコマンドを召喚または「侵略ZERO」を使ってバトルゾーンに出すことによってのみ、外すことができる。(外した封印は墓地に置く)
自分は、コマンド、イニシャルズ、あるいは名前に《禁断》とあるクリーチャーでしか攻撃できない。
この最終禁断フィールドはバトルゾーンを離れない。
このカードから封印が外された時、このターン、自分のクリーチャー1体に「パワーアタッカー+2222」を与える。禁断爆発:このカードから封印が外された時、この最終禁断フィールドに封印が1つもなければ、裏返し、1体のクリーチャーとして合体させる。

今までの禁断カードにもあった封印を置く枠はパーツとなる4枚のカードの隅にそれぞれ1つずつあり、その上に能力が書かれている。つまり、物理的に封印を外す事で公開された能力トリガーするような形になっている。

+  最初の情報公開時のテキストについて

このカードの使い方

攻撃封印解除の制約に沿い、コスト5以上のコマンドと組み合わせることが基本となる。
制約の除外対象になっている侵略ZEROクリーチャー召喚扱いとなるS・トリガー獣は相手のターンにも登場でき、運が良ければ早めに出すことができるため、封印外し・攻撃・防御の3つの役割を持つカードとして重宝できる。(→【ドルマゲドンX】

  • 禁断爆発したくない場合は、自分で真っ先に右下の封印を外せばそれで良い。そうするとゲーム中二度と禁断爆発できなくなってしまうので、その判断には慎重であるべきだろう。基本的には禁断爆発することのメリットのほうが大きい。
    • 自分の封印を外すために厳しい制約がかかるといったデメリットはこの弱点をカバーするメリットにもなりうる。相手がカード指定除去で勝手にこちらの封印を外すことはできないため、相手によって真っ先に右下の封印を外されて禁断爆発出来なくなるといった心配はない。

その他

  • 収録は通常のエキスパンションだが、このカードが当たる場合のみパックの5枚がすべて構成カードで出てくるという非常に特殊な収録形態となっている。このおかげで《極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド》等のように1枚ずつ集める手間がなくすぐに使いやすい。このような措置を取ったのは、中央以外のカードがカード単体としての性能を裏表とも一切持たないため、単体で当たってもプレイできない点を改善するためと考えられる。DMX-22《邪帝斧 ボアロアックス》での反省もあったのだろう。
    • クリエイターズ・レター Vol.15では「右脚だけ出ないんだよなー」みたいな悩みとは無縁、と書かれていたが脚を構成するカードは1枚で両脚が揃っている。おそらく遊戯王OCGの《封印されし者の右足》の事だと思われる。
    • ちなみにこのカードが出てくるパックにはデュ円等のおまけカードは付属されない。
    • パックからは揃って出るが、シングルカードではバラ売りする業者も実在するため注意が必要。特にネット通販の場合は商品の特性をよくよく確認すべき。
  • メディアではバサラの最後の切り札。アニメ「VSRF」では実際の収録と同様5枚同時に入手しているが、漫画では1枚ずつ集めている。
  • デッキにも超次元ゾーンにも含まれないため、2016年12月現在公式デッキシートには《FORBIDDEN STAR》を記入する欄が存在しない。欄外に記入することでなんとか対応しているのが実情である。

関連カード

収録セット

参考