God(ゴッド) of(オブ) Dream(ドリーム)Grenade(グレネード) of(オブ) D-moll(ディーモール)

God of Dream SR 光文明 (9)
NEOクリーチャー:エンジェル・コマンド/侵略者 15500
NEO進化:自分の光のコスト9のクリーチャー1体の上に置いてもよい。
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、それがNEO進化クリーチャーなら、光のコスト9のクリーチャーを9体まで、自分の手札または墓地からバトルゾーンに出す。
Grenade of D-moll SR 光文明 (9)
呪文
S・トリガー
相手は自身のアンタップしているクリーチャーを9体選び、タップする。その後、自分のクリーチャーを9体までアンタップする。

DMEX-04で登場したエンジェル・コマンド/侵略者NEOツインパクト

クリーチャー面は進化して出した場合に限りcipが使えるT・ブレイカーNEOクリーチャーcipの内容は、自分の手札または墓地からコスト9のクリーチャーを合計9体までコスト踏み倒しできるというもの。

同じくコスト9のクリーチャーを合計9体までコスト踏み倒しできるカードには《極まる侵略 G.O.D.》があり、コスト踏み倒し元があちらは「手札またはマナゾーン」、こちらは「手札または墓地」となっている。
進化前提かつゾーンの違いを考慮しなければ、侵略で自らコスト踏み倒しできる《極まる侵略 G.O.D.》に使い勝手で劣る。

自然抜きで9マナ払ってNEO進化させるのは相当難しいので、極力なんらかのコスト踏み倒しを利用したい。一応種族侵略者を持つので、《究極ゲート》には対応しているのがうれしい。

呪文面は相手のクリーチャーを9体タップし、自分のクリーチャーを9体アンタップする。一人のプレイヤークリーチャーを10体以上並べることは稀なので、ほぼ全体タップ・全体アンタップと言っても差し支えない性能。
相手のクリーチャータップさせるだけでなく、タップされている自分のブロッカーアンタップさせることも出来るため、防御力は非常に高い。

【九極侵略】では、まずコスト9の枠を潰さないS・トリガーの1種として運用できる。とはいえ、コマンドである殊にこだわらないのなら《閃光の守護者ホーリー》の存在が気になる。
【九極侵略】墓地肥やしの得意でないデッキである点から《極まる侵略 G.O.D.》の枠は奪えないが、こちらはNEOクリーチャーである点が強み。場を制圧した後はNEO進化させずに使えば頭数が減らずに済む。また純粋な進化クリーチャーでないため《超九極 モモタルス》能力バトルゾーンに出すことが可能。何ならそのまま《モモタルス》の上に重ねてしまってもよい。

一応、このクリーチャー自身や同弾の《偽りの王 ナンバーナイン/歓喜の歌》、他には《星門の精霊アケルナル/スターゲイズ・ゲート》といったコスト9のツインパクトの登場により、呪文として唱えたツインパクトを参照する形でリアニメイトを狙う機会も【九極侵略】では増えてきている。

  • 和訳すると「God of Dream」は「夢の神」、「Grenade of D-moll」は「ニ短調の手榴弾」となる。
    • 「D-moll」についてはドイツ語であり、英語の場合は「D minor」となる。
    • ちなみに、それぞれの単語の頭文字を繋げると「G.O.D」となる。遊び心を感じさせるネーミングである。
  • イラストを見る限り、"Grenade of D-moll"とは臼の形をしたバズーカから餅を発射する技のようだ。《極まる侵略 G.O.D.》が杵型のハンマーを武器にしていたのに対応しているのだろう。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考