I(アイ) am(アム)

I am SR 水文明 (9)
NEOクリーチャー:ムートピア/スペシャルズ 15000+
バトルゾーンに自分のムートピアが5体以上あれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。そうしたら、自分の進化ではないクリーチャーをすべて手札に戻す。
NEO進化:自分の水のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)
T・ブレイカー
これがNEO進化クリーチャーなら、パワーを+10000し、「ワールド・ブレイカー」を与える。(「ワールド・ブレイカー」を持つクリーチャーはシールドをすべてブレイクする)

DMRP-02で登場したNEOムートピア/スペシャルズ

自分のムートピアが5体以上あれば、コストを支払わずに召喚できる。一見、G・ゼロの様に思えるが、そうした場合代償として自分の進化ではないクリーチャーをすべて手札に戻さなければならない。
また、進化している状態ならパワー25000のワールド・ブレイカーに変化する。

文明としては珍しく、手札にも墓地にも干渉しない、打点特化の大型クリーチャーである。
コスト踏み倒しは条件がムートピア5体と多く、自分の非進化クリーチャーを全てバウンスしなければならないデメリット付きであるが、小型が多いムートピア故に決して不可能な数ではない。

デメリットとなるバウンスも、考え方を変えればコストを支払わずにcipを回収する手段となる。この動きに特化させたデッキが【I amループ】である。

メインステップにコスト踏み倒しで出せば、マナがアンタップ状態のままのはずなので、バウンスしたムートピアを再召喚すればフィールドアドバンテージは減らずに済む。この時《貝獣 ホタッテ》などの軽量NEO進化クリーチャーを召喚すれば1ショットキルも容易。
このように色々とポテンシャルを秘めたクリーチャーである。ムートピア種族デッキを組むなら中々のフィニッシャー足りうるだろう。
ムートピアには、あの《異端流し オニカマス》もいるのでカードパワーの心配はしなくてもいい筈。

あまり望ましくはない展開だが、長期戦に持つれこんだ時にはNEO進化の奇襲性を活かし、素出ししてしまうというのも一つの選択肢ではある。コスト踏み倒し能力を使わないのなら、自軍バウンスのデメリットは無くなるので決して悪いものではないハズ。

進化してもしなくても準バニラファッティには変わりないが、とりわけ進化しない状態ではコストデメリットに見合ったスペックとは言い難い。NEO進化させて使うのがメインとなるだろう。

  • 何とも形容しがたい身も蓋も無い名前と、そうとしか言いようがない絶妙なイラストが特徴。また、元となった投稿にはフレーバーテキストが存在している。
  • アニメ「デュエル・マスターズ(2017)」ではデュエル・ウォーリアとして登場。人間体で詩人として「Due tube」で活動していたが、ジョーに自身の詩を否定された事で正体を現す。CV:竹内良太
    • 詩人という設定は上記のフレーバーテキストから来ているのだろう。劇中ではそちらに似せた詩を詠んでいた。
    • なお、ジョーは彼の詩を何一つ理解できず、間接的にももを傷つける遠因になってしまった(正体を現すトリガーにもなったが)。
    • 「デュエル・マスターズ!!」では10話で再登場。《一番隊 ザエッサ》《貝獣 ホタッテ》と共に囲んで、闇文明の世界から来たゼーロに挑むも返り討ちにされる。

戦績

デュエル・マスターズ(2017)

  • 通算成績:1戦0勝1敗
    話数対戦相手勝敗デッキ名
    14話切札 ジョー敗北私が…I amです…

フレーバーテキスト

  • 応募ハガキ
    危険を冒して前へ進もうとしない者には、ごくわずかな景色しかみせてくれないんだよ

収録セット

参考