P()P()P()P()

P・P・P・P VR 光文明 (5)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/イニシャルズ 6000
ブロッカー
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
自分のターンのはじめに、自分の《P・P・P・P》がバトルゾーン、マナゾーン、墓地それぞれに1体あれば、自分の手札にある《P・P・P・P》を見せてもよい。そうしたら、自分はゲームに勝つ。

DMR-22で登場したエンジェル・コマンド/イニシャルズエクストラウィンを持つ新たなカード

大雑把に言えば、その条件はデッキに投入した4枚の《P・P・P・P》をすべて揃える事。性質としては《ケロヨン・カルテット》に近いが、その場所はバトルゾーンマナゾーン墓地手札4つの公開ゾーンに1枚ずつに変わっている。

バトルゾーンに4体揃えるよりは、はるかにコストが軽く済み、墓地肥やしさえできればあとは召喚マナチャージするだけで揃う事も十分ありうる。
逆に言えばそれぞれのゾーンに対するメタに弱くなったとも言える。除去ランデスハンデス墓地肥やしメタのいずれかを相手が使えばその分エクストラウィンが遠のく。
また、シールドゾーン封印に埋まってしまえば自然に揃うことはまずなくなってしまう。

このクリーチャーエクストラウィンを達成したいならば、デッキ全体のカードの循環を良くした専用構築が必要になる。
《月の死神ベル・ヘル・デ・スカル》《プライマル・スクリーム》《ダンディ・ナスオ》《ハピネス・ベル》など、3つ以上のゾーンに触れられるカードを中心に組んでいくと良いだろう。
《ロジック・サークル》などのサーチ能力を利用する際は、このカードや循環用カードを引き寄せる傍、山札にあるこのカードの枚数を把握しシールドゾーン封印に埋まっていないか確認するのもテクニック。
守りにはシールドに埋まっているこのクリーチャー落としつつターンを稼げる《スローリー・チェーン》が最適。

トリガーは自分のターンのはじめというシビアなタイミングであるため、相手のターンをまたぐ間に妨害される可能性は高い。S・トリガーS・バック等を駆使し、相手のターン中に自分のカードを移動させられる工夫もしたいところ。

デッキビルディングにおいて、カードの回し方、循環ができるカードの知識を問われる上級者向けのカードであると言える。

  • その名前からピコ太郎の「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」のパロディかと思われやすい。しかし、PPAPの動画が投稿された2016年8月25日よりも前、7月15日に発売されたコロコロコミック2016年8月号掲載の漫画「VS」にて破道 ロクローが先駆けて使用している。たまたま近い時期に知られるようになったのみで特に関係は無いと思われる。

関連カード

収録セット

参考