S(エス)(きゅう)原始(トライブ) サンマッド》

S級原始 サンマッド SR 自然文明 (3)
進化クリーチャー:ゲリラ・コマンド/S級侵略者 3000
進化−自分の自然のコスト3のクリーチャー1体の上に置く。
S級侵略[原始]−自然のコスト3のクリーチャー(自分の自然のコスト3のクリーチャーが攻撃する時、自分の手札またはマナゾーンにあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)
自分のクリーチャーが3体以上あれば、このクリーチャーに「T・ブレイカー」を与える。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにクリーチャーが4体以上あれば、そのうちの1体を選び、持ち主のマナゾーンに置く。
※殿堂入り

DMR-19で登場した進化ゲリラ・コマンド/S級侵略者

cipバトルゾーンに敵味方合わせてクリーチャーが4体以上あればクリーチャーを1体マナ送りにし、自分のクリーチャーが3体以上あればT・ブレイカーを得る。

「原始(トライブ)」のS級侵略を持ち、マナゾーンからでも侵略できるようになっているため、序盤からマナゾーンに置いても必要な時に侵略できるのが特徴。
ただしこのクリーチャー進化元自然コスト3のクリーチャーに限定されており、S級侵略条件もそれと同じ。従来のゲリラ・コマンドとは様変わりしており、構築は多少縛られるであろう。

幸い、自然コスト3のクリーチャー《青銅の鎧》《天真妖精オチャッピィ》《雪精 ジャーベル》《剛勇妖精ピーチ・プリンセス》など優秀なクリーチャーが多いため、進化元はそれほど苦労しない。
を含める必要はあるが、マナブーストcipを持つスピードアタッカーである《風の1号 ハムカツマン》とは極めて相性が良い。
その他召喚酔いをしない自然コスト3のクリーチャーとしては、《森の指揮官コアラ大佐》《情熱のD・H ユウ》《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》《獣軍隊 ベアッサー》《ベジタバッタ・パンツァー》等が存在する。

2ターン目からクリーチャーを1体ずつ出していけば4ターン目にクリーチャーが3体揃い、自然コスト3のクリーチャーS級侵略するのが理想的な流れか。
自分のクリーチャーが3体揃っているのでT・ブレイカーを得ているし、その際に相手のクリーチャーがいればcipの4体以上という条件も満たせるため、邪魔なクリーチャーを退かしつつT・ブレイカーを放てる。

弱点としてはパワーの低さと、クリーチャーが少ない時の効果の薄さ。
T・ブレイカーマナ送りを使えてもパワーは3000なので、ちょっと大きめのブロッカーで返り討ちになったり、《光牙忍ハヤブサマル》相打ちになったり、殴り返し火力で簡単に破壊されてしまう。
さらに両方の能力が使えない状況だと単なるパワー3000の弱小クリーチャーとなってしまうため、クリーチャーを並べることが肝心となる。

とはいえ、S級侵略のおかげで出すタイミングはコントロールしやすい。上記のような状況が去りさえすれば、即座に攻め込む事も難しくないだろう。

関連カード

収録セット

参考