Wave All(ウェイボール) ウェイボール》

Wave All ウェイボール MAS 水文明 (2)
クリーチャー:トリックス/ワンダフォース 5000
このクリーチャーは攻撃できない。
各ターン、自分がはじめて呪文を唱えた時、GR召喚する。
クリーチャーの能力によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。

DMRP-10で登場したトリックス/ワンダフォース
ターン、初めて唱えた自分の呪文に反応してGR召喚する能力を持つ。

システムクリーチャーでありながら2マナという軽さと、パワー5000による除去のされにくさ、クリーチャー起因限定のアンタッチャブルを持ち合わせている。このパワー5000というのは、多くのGRクリーチャーの素のパワーを上回るため、特に3コスト以下のGRクリーチャーが出る場合において《KAMASE-BURN!》で倒されることはほぼ無く、《スチーム・ハエタタキ》《ブンブン・バースト》、同弾の《バングリッドX7》マッハファイターでも討ちとれないという狙ってデザインされたかのようなパワーラインである。
反面、「ブロッカー」などといった能力は一切なく、自身は攻撃できない打点にも殴り返しにもならないというデメリットも抱えるピーキーさが特徴。

最大限活躍させるためにはマナカーブを阻害しない序盤から展開を狙っていきたい。
数ターン生き残れば超GRを出しきれるだろう。
《パラリラ・セーリング》のようなGR召喚能力を持った呪文と合わせてバトルゾーンを埋め尽くしてやりたい。

ビートダウンに入れるなら攻撃不能であるこのクリーチャーを出した遅れを取り戻せるよう、超GRは2打点以上のクリーチャーで固めたいところ。GR召喚のおかげで打点形成には困らないため、その分《エナジー・ライト》などのドローソース唱える余裕も出る。

終盤は《パラディソ・シエル》などのNEO進化クリーチャーの進化元、《BAKUOOON・ミッツァイル》のコストにしよう。

【青黒ハンデス超次元】に入れれば軽量ハンデス除去を撃ちながら少しずつ盤面を補強することができ、フィニッシュしやすくなる。

環境において

登場後の超天篇環境では【ウェイボール覇道】などのビートダウン構築で採用されている。ただ、【青黒GRハンデス】で考えるとカードパワーがコスト相応であり置きGR召喚以外に場に影響を及ぼさないため、《Wave ウェイブ》の方に需要を譲っているのが現状。

DMBD-09DMBD-10期あたりになるとGR召喚手段は《MANGANO-CASTLE!》で十分であることから【ウェイボール覇道】は廃れた。

その他

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-10(通常版)
    天国に一番近い波を探し出すための機械。
  • DMRP-10(M2秘)
    マスターのことを信じていた。しかしの考える「天国」は、彼が考えるそれとは別のものだった。

収録セット

参考