「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力

青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ) C 自然文明 (3)
クリーチャー:ビーストフォーク 1000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

よくクリーチャー文章中でみられる表現で、主に3種類の意味がある。

  1. cipのこと。闘魂編以前および革命編以降の表現で、「このクリーチャーバトルゾーンに出した時」と同意。
  2. クリーチャーバトルゾーンに出てトリガーする能力の一例(《界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ》など)。
  3. 「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力のこと。

本項では、3の用法について解説する。


「「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力」

ジョット・ガン・ジョラゴン MDG 無色[ジョーカーズ] (7)
クリーチャー:マスター・ドラゴン/ジョーカーズ 11000
このクリーチャーを召喚する時、ジョーカーズを好きな数バトルゾーンから自分の手札に戻し、その数だけ、召喚コストを1少なくしてもよい。
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚引き、その後、手札を1枚捨てる。
ジョラゴン・ビッグ1:ジョーカーズを自分の手札から捨てた時、その「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力を1つ使ってもよい。

黒豆だんしゃく VR 自然文明 (8)
クリーチャー:グランセクト/スペシャルズ 12000
T・ブレイカー
相手の、「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力を持つクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのクリーチャーを持ち主のマナゾーンに置く。
白米男しゃく VR 自然文明 (3)
呪文
自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。その後、カードを1枚、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。

cip能力を示すための表現である。

ただし、単にcip全般ではなく、「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力のみを指定する。よって、「相手のターン中にこのクリーチャーがバトルゾーンに出た時~」や「このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時~」、「このクリーチャーまたは他のクリーチャーがバトルゾーンに出た時~」などの能力は対象ではない*1

また、公式Q&Aによれば「このクリーチャーバトルゾーンに出した時」で始まる能力も「このクリーチャーバトルゾーンに出た時」で始まる能力として統合されているため、これらの能力を持つクリーチャーも問題なく効果の対象となる。

  • 2018/08/09に総合ルールが更新され、その際に公式サイトにて以下のアナウンスがされた。

    205.1a キーワード能力の場合、テキストの前にキーワードが入ることがあります。テキストを参照する時は、キーワード部分は飛ばし、参照しません。
    例:自分のバトルゾーンに《黒豆だんしゃく/白米男しゃく》がいる時、ラビリンスを持つクリーチャーが相手のバトルゾーンに出たらそのクリーチャーはマナゾーンに置かれます。
    キーワード能力を参照する場合について定義しました。

    これはルール改正ではなく今まで不明瞭だった部分を補足説明するものであり、要するに能力文の先頭につくキーワードは無視して読むということである*2。例えばラビリンスcipを得る《陰陽の果て 白夜》なども《黒豆だんしゃく/白米男しゃく》で問題なくマナ送りすることが可能。→参考
  • サバイバー能力などで得た能力でも、「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まっていればこの対象になる。
  • 特定の始まり方の文章を指定するという大胆な方法がとられている。そもそも「cip」は非公式な表現であり、かといって「出た時能力」では曖昧すぎる。開発者は頭を悩ませたに違いない。

「「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力」に関連するカード


参考


*1 もちろん指定された文章で始まればいいので、「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンに火のカードがあれば~」や「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時~」などは含まれる。
*2 公式の「キーワード能力(特殊能力)」を当wikiではキーワード能力能力語と区別して表記しており、テキストの前のキーワードとは能力語のことを指す

Last-modified: 2018-11-11 (日) 15:23:30