【“轟轟轟(ゴゴゴ)”ブランド】

DMRP-06で登場した《“轟轟轟”ブランド》を中心としたデッキ。赤単や、白単《“轟轟轟”ブランド》タッチした構築や、それらの中間である赤白が主流。

“轟轟轟”ブランド MAS 火文明 (7)
クリーチャー:ビートジョッキー 9000
マスターG・G・G:自分の手札がこのカードだけなら、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンに火のカードがあれば、カードを1枚引く。その後、自分の手札を好きな枚数捨ててもよい。こうして捨てた手札1枚につき、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体、破壊する。

ニクジール・ブッシャー VR 火文明[ジョーカーズ] (6)
クリーチャー:ジョーカーズ 6000
コストを支払うかわりに、クリーチャー1体とシールド1つ、そして手札1枚を自分の山札の一番下に置いて、このクリーチャーを召喚してもよい。
W・ブレイカー

主要カード

《“轟轟轟”ブランド》マスターG・G・Gでコストを支払わずに召喚できる。cipでマナに火文明があればドローし、手札を捨てて6000火力
《ニクジール・ブッシャー》場のクリーチャーとシールドと手札を一枚ずつ山札の下に置くという代替コストで召喚できる。2ターンキルの要
《ミサイル“J-飛”》G・G・Gで2コストのスピードアタッカーになる。今引きからのダイレクトアタック要因としても優秀
《グレイト“S-駆”》G・G・Gで1コストのスピードアタッカーになる。ターン終了時アンタップされていると手札に戻るデメリットがある
《ドリル・スコール》1コストで各プレイヤーに1ランデス。このデッキでは唯一無二の妨害手段

1コストの候補クリーチャー

《凶戦士ブレイズ・クロー》毎ターン可能であれば攻撃する1コストクリーチャー。【赤単速攻】の代表的ウィニー
《ホップ・チュリス》そのターン他のクリーチャーが攻撃していなければ攻撃できない。盤面を貯めるプレイングがこのデッキではあまりないので、そう考えると《ブレイズ》よりデメリットが大きめ
《ブルース・ガー》1コストクリーチャーの数合わせ。どちらも《ニクジール・ブッシャー》代替コスト要因としては及第点。どちらの方がいいかは環境による
《螺神兵ボロック》

その他候補カード

《紅風の盗賊ビューラー》疑似G・G・Gを持つ5枚目以降の《“J-飛”》
《“罰怒”ブランド》サブプランや手札が増えてしまったときの対策に
《龍装者 バルチュリス》《“轟轟轟”ブランド》が引けなかった場合のサブプランに
《轟車 “G-突”》G・G・Gを持つ2コストW・ブレイカー。終盤に引くとまごつくため、いわゆる「選択」の枠
《スチーム・ハエタタキ》1コストで《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》などのメタクリーチャーを破壊することができる

このデッキの回し方

先行の場合、1ターン目に1コストクリーチャーを出し《ニクジール・ブッシャー》を代替コストで召喚。そうすると手札が残り1枚となっているはずなので、そのまま《“轟轟轟”ブランド》マスターG・G・Gで召喚。2ターン目までに《ミサイル“J-飛”》《グレイト“S-駆”》《紅風の盗賊ビューラー》《“轟轟轟”ブランド》などのスピードアタッカーが引ければそのまま2ターンキル達成。

《ニクジール・ブッシャー》を引けない場合、先行1ターン目で1コストクリーチャーを出し、2ターン目に1コストクリーチャーと《ドリル・スコール》を打ち、《“轟轟轟”ブランド》を召喚して殴るというプランもある。

《“罰怒”ブランド》は、手札が増えたときの対策や2マナあるときに1コストクリーチャーを出し《ニクジール・ブッシャー》を代替コスト召喚してマスターB・A・Dで1コストで出すなど、《“轟轟轟”ブランド》を引けなかったときのサブプランとして採用されることがある。

構築

今引きで引くと強いが最速で投げても機能しづらいカード、最速で投げると強いが今引きで引くと腐るカード、低コストバニラ及び通常状況下でバニラになるカードのバランスが重要。特にバニラ及び準バニラは10枚前後が目安であり、これを超えると今引き性能やデッキパワーが下がる。今引き特化型のものも10枚程度が望ましい。

初動呪文や軽量除去も必要な場合があるが、今引きで引いても打点にならないので、ツインパクトでない呪文は4枚程度が無難。

長所

最速2ターンキルという速度が特徴のデッキであり、《“轟轟轟”ブランド》《ニクジール・ブッシャー》の4打点を1ターン目から並べられるのが魅力。
1コストのコスト踏み倒しメタは事実上存在しないので先行であればコスト踏み倒しメタも間に合わない。もしコスト踏み倒しメタクリーチャーを立てられたとしても、コスト踏み倒しがどれも召喚扱いなので《異端流し オニカマス》《洗脳センノー》の影響は受けない。

《“轟轟轟”ブランド》が引けなかったときでも、《ドリル・スコール》テンポアドバンテージを取りながら1コストクリーチャーや《ミサイル“J-飛”》《グレイト“S-駆”》などのG・G・Gスピードアタッカーになるクリーチャーで殴っていくという戦い方や、《“罰怒”ブランド》を使った3ターンキルもできるので《“轟轟轟”ブランド》に頼り切ったデッキというわけではない。

【デ・スザーク】は《卍 デ・スザーク 卍》が着地する前に殴り切れることが殆どなので、タップインによる詰みを心配する必要はあまりない。もし着地されても、手札を使い切っていなければウィニーを連打してタップキルが追いつかないようにすることもでき、そこから逆転することもざら。

弱点

手札を減らして戦うデッキなので、手札が増えてしまうと戦いにくくなる。【“轟轟轟”ブランド】は2ターンキルを理想としておりミラーマッチでは相手もそれを目指すはずなので、先行を取られると先に殴られ手札が増えてしまい戦いにくくなる上、後攻2ターン目に《“罰怒”ブランド》で殴り返すことも出来なくなるため、先行ゲーになる可能性が非常に高い。

《サイコロプス》《学校男》《堕魔 ドゥポイズ》などの軽量除去が採用されているデッキに対して後攻を取ってしまうと《ニクジール・ブッシャー》だけを出しても除去されてしまうことがあるので召喚するときは注意が必要。基本的に《ニクジール・ブッシャー》は初手の段階で2ターンキルができる手札でなければリソース消費とS・トリガーによるリスクが大きいのでマナゾーンに埋めること。

《ヘブンズ・ゲート》《ドラゴンズ・サイン》などが採用されているS・トリガーからカードパワーの高いブロッカーを並べるデッキに対しては捲られたら終わりと言ってもよい。《ニクジール・ブッシャー》のパワーを上回るブロッカーが並ぶだけで難儀するので、【ヘブンズ・ゲート】【ロージアミラダンテXII】などのデッキに対しては運次第と言える。光を入れた構築はS・トリガー呪文を封じる《瞬封の使徒サグラダ・ファミリア》、疑似コスト踏み倒しメタである《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》《制御の翼 オリオティス》などを採用しているため、ある程度ケアしながら戦うことができる。

しかし何と言っても弱い点が《“轟轟轟”ブランド》への依存度が高い点である。そちらが引けないとフィニッシュまで持って行きづらく、引きムラがそのまま勝敗に影響するのが赤単で組まれる【“轟轟轟”ブランド】の最大の弱点である。


参考


Last-modified: 2018-11-13 (火) 04:02:09