【“B-我”ライザ】

【ビートジョッキー】《龍星装者 “B-我”ライザ》の専用デッキに仕上げたもの。【連ジョッキー】とも呼ぶ。

龍星装者 “B-我”ライザ SR 火文明 (8)
クリーチャー:ドラゴンギルド/ビートジョッキー 8000
シンパシー:ビートジョッキー(このクリーチャーの召喚する時支払うコストは、バトルゾーンにある自分のビートジョッキー1体につき1少なくなる。ただし、コストは0以下にならない)
W・ブレイカー
G・G・G:自分の手札が1枚以下なら、自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。
自分のクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を表向きにする。それがビートジョッキーまたはドラゴンで、コストが攻撃しているクリーチャーのコスト以下なら、バトルゾーンに出す。それ以外なら、自分の山札の一番下に置く。

主要カード

候補カード

このデッキの回し方

《一番隊 チュチュリス》を立ててから《ダチッコ・チュリス》《龍星装者 “B-我”ライザ》と繋ごう。先攻ならそのまま《“轟轟轟”ブランド》マスターG・G・Gを発動できるので、これだけで6打点が揃う。そのまま《龍星装者 “B-我”ライザ》で補強した後続などにも任せて1ショットキルしてしまおう。

ループの手順

バトルゾーンに自分の《龍星装者 “B-我”ライザ》《“末法”チュリス》《ギーク・チュリス》が1体ずつ、相手のタップしているパワー3000を上回るクリーチャー1体が必要。墓地に《“末法”チュリス》《ギーク・チュリス》が1体ずつ必要。攻撃は相手のタップしているパワー3000を上回るクリーチャーに行うこと。

  1. 《ギーク・チュリス》で攻撃、アタックトリガー墓地《ギーク・チュリス》山札の上から1枚目に、《“末法”チュリス》山札の上から2枚目に置く。《ギーク・チュリス》バトルに負けて墓地に置かれる。
  2. 《龍星装者 “B-我”ライザ》の能力で1.で山札に仕込んだ《ギーク・チュリス》コスト踏み倒し
  3. 《“末法”チュリス》で攻撃、先に《龍星装者 “B-我”ライザ》の能力で1.で山札に仕込んだ《“末法”チュリス》コスト踏み倒し
  4. 《“末法”チュリス》の能力で1.で山札に仕込んだカードとは別のものをコスト踏み倒し。《“末法”チュリス》バトルに負けて墓地に置かれる。
  5. 1.に戻る。

このループの応用で《ガンザン戦車 スパイク7K》をループすれば《ドンジャングルS7》による攻撃対象固定も突破できる。

このループはDMRP-10発売から3週間程度経過した頃のチャンピオンシップで優勝した構築に組み込まれており、2019年7月中旬頃に周知された。

長所

召喚のみで6打点が揃うので《異端流し オニカマス》には極めて強固。また、《奇石 ミクセル》《ポクチンちん》程度なら簡単に除去できる。

ハマった時の打点形成力は確かなものがあり、2、3枚程度の単体除去にはぐらつかない。

スピードアタッカーが多めの構築なので今引きは強い。

短所

パワーラインの都合上《デスマッチ・ビートル》に対しては比較的脆弱。一応召喚ルートなら展開自体はできるが、セットで使われる《Dの牢閣 メメント守神宮》で守りを固められると悲惨。

一応《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》を投入すれば《デスマッチ・ビートル》は処理できるが、サーチらしいサーチも無いこのデッキでは《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》が安定しづらい。

そもそもサーチが無いため手札事故も弱点になる。

参考