【アーク・セラフィム】

種族としてのアーク・セラフィム→アーク・セラフィム

ハイブリッド種族のうち、アーク・セラフィムを主軸としたデッキ
主なデッキカラーは元々のである/自然の2や、それにもう1を足したもの、また/の2で構成されることもある。
《霊騎のイザナイ パイル》によって状況に応じてリクルートできる点は大きく、これを中心に動かすことになるだろう。
自然を入れたタイプは《霊騎サンダール》《霊騎スピリット・サティーク》《秘護精マキシマムコブラ》などでマナを操作しながら戦うことが多い。

基本的な除去《霊騎ジャムシール》《霊騎左神ロラパルーザ》によるタップキルや、《霊騎ラグマール》《霊騎サンダール》で何度も回す方法がとられる。(>【ラグマループ】

フィニッシャー自然なら《聖帝ソルダリオス》《超神星ビッグバン・アナスタシス》など、クリーチャーを展開しつつ殴っていくタイプが主流。
なら《超神星ヴィーナス・ラ・セイントマザー》《光彗星アステロイド・マイン》のような除去されにくいフェニックスが主に採用され、/ならそれらに《リバース・トーン》を使った後に《究極銀河ユニバース》で終わらせることもある。

参考


Last-modified: 2018-11-17 (土) 01:41:03