【アウトレイジ】

種族としてのアウトレイジ→アウトレイジ

墓地クリーチャーを溜め、《百万超邪 クロスファイア》《暴走龍 5000GT》を早期に呼び出し勝負を進めるデッキアウトレイジの種族上での構成が主だが、墓地に干渉するが入る構築も多い。

デッキコンセプトとなるクリーチャーも多く、どのカードを使うかによって戦術も大きく変化する。

大まかな区分は以下

ビートダウン

コントロール

百万超邪(ミリオネア) クロスファイア P 火文明 (7)
クリーチャー:アウトレイジ 7000+
G・ゼロ−自分の墓地にクリーチャーが6体以上あり、自分の《百万超邪 クロスファイア》がバトルゾーンになければ、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
スピードアタッカー
パワーアタッカー+1000000(攻撃中、このクリーチャーのパワーは+1000000される)
W・ブレイカー

暴走龍(ライオット) 5000GT ≡V≡ 火文明 (12)
クリーチャー:アウトレイジ 12000
このクリーチャーを召喚するコストは、自分の墓地のクリーチャー1体につき1少なくなる。ただし、コストは1より少なくならない。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、サイキック・クリーチャーを全て破壊する。その後、パワー5000以下のクリーチャーを全て破壊する。
誰もパワー5000以下のクリーチャーを召喚できず、サイキック・クリーチャーをバトルゾーンに出すことができない。
スピードアタッカー
T・ブレイカー

序盤は《エマージェンシー・タイフーン》《日曜日よりの使者 メーテル》を始めとした各種手札交換カードを使い墓地を溜める。この過程でフィニッシャーである上記2体が墓地に行ってしまうことをあるが、入りの構築なら《白骨の守護者ホネンビー》等で墓地回収できる。

その後は上記2体を呼び出し、そのままビートダウンして決める。
《暴走龍 5000GT》《百万超邪 クロスファイア》は強力なフィニッシャーであるため、瞬く間に環境入り、特にこのデッキの亜種とも言える【メルゲループワンショット】トップメタへと登り、ついに核である《アクア・メルゲ》殿堂入りした。

主要カード

候補カード

  • 【墓地ソース】の亜種と考えることもできる(向こうのほうが概念的に後発だが)。こちらはアウトレイジのメインカラーの都合上、を少なくする(あるいは加えない)タイプになりがちである。

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 00:07:04