【アカシック・ファースト中速】

《電磁旋竜アカシック・ファースト》を主軸とした中速ビートダウン

電磁旋竜アカシック・ファースト VR 水/火文明 (7)
クリーチャー:サイバーロード/ボルケーノ・ドラゴン 6000
マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。
シンパシー:サイバー・ウイルスおよびドラゴノイド(このクリーチャーを召喚する時支払うコストは、バトルゾーンにある自分のサイバー・ウイルスまたはドラゴノイド1体につき1少なくなる。ただしコストは2より少なくならない)
このクリーチャーは、タップされていないクリーチャーを攻撃できる。
このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分の手札に戻す。

《電磁旋竜アカシック・ファースト》シンパシー元であるドラゴノイドサイバー・ウイルスが共に軽量でビートダウンに向いた種族であるため、《電磁旋竜アカシック・ファースト》の早期召喚が可能である。
ドラゴノイドにも《電磁旋竜アカシック・ファースト》と同じく、アンタップ状態のクリーチャー攻撃できるクリーチャーが多いので、バトルゾーンを制圧しながらシールドを攻撃することが可能である。

主なデッキタイプとしては、アカシック・ファースト自身の色である火と水のみのタイプ、水と火を主軸として自然を入れて【青赤緑ビートダウン】のような形にするタイプ、闇を入れて《猛菌恐皇ビューティシャン》《砂男》等を入れるタイプがある。

アカシック・ファースト自身はアンタップキラーとしては後一歩パワーが不足しているので、《流闘 シャーク・バンカー》《インビジブル・スーツ》《炎刃 ズバット・アクセラー》等のクロスギアパンプアップさせるのがいいだろう。

  • 《スクランブル・チェンジ》の登場は環境の高速化に中々ついていけないこのデッキにとっては大きな追い風となるだろう。スピードアタッカーを付与する事により、即座にアドバンテージを取ることができる。コスト5以上のドラゴンというのも協力。大型革命チェンジ持ちと組み合わせて莫大なアドバンテージを狙える。

主な候補カード

《肉弾兵ウルティモ》制圧要員。必須
《重装兵ガルバック》制圧要員。ウルティモだけで十分な場合は入らない
《騎兵総長キュラトプス》クロスギア等でパンプアップさせて使用
《フォーチュン・ボール》強力ドローソース
《猛菌剣兵チックチック》スピードアタッカー兼ドローソース
《パラダイス・アロマ》アカシック・ファーストとシナジー
《キューティー・ハート》S・トリガー付きサイバー・ウイルス。《アクア・サーファー》より優先

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 00:10:26