【アナスタシスフルクリーチャー】

《超神星ビッグバン・アナスタシス》能力により、5体のクリーチャーを一気に召喚して、制圧するデッキ
スリリング・スリーなどの種族が関係する効果が非常に決まりやすい。

超神星ビッグバン・アナスタシス SR 自然文明 (8)
進化クリーチャー:フェニックス 13000
進化GV−自分のアーク・セラフィム、ドリームメイト、グレートメカオーのいずれか3体を重ねた上に置く。
ブロッカー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から5枚を表向きにする。その中からクリーチャーを好きな数、コストを支払わずに召喚してもよい。その後、残りのカードを墓地に置く。
T・ブレイカー

進化元となる種族はいずれも使いやすいが、効果も強力なアーク・セラフィムが中心になることが多い。
《超神星ビッグバン・アナスタシス》の効果による大量展開に、《霊騎ラーゼ・ミケランジェ》などの効果をうまく重ねることで、更なる召喚を可能とする。進化クリーチャーも召喚可能なので、場合によっては《超神星ビッグバン・アナスタシス》の効果で別の《超神星ビッグバン・アナスタシス》が召喚されることも。
ただ、この能力は強制発動のため、調子に乗っているとライブラリアウトを招くこともある。

クリーチャー主体のデッキなので、ドローには《雷鳴の守護者ミスト・リエス》《ハッスル・キャッスル》《霊騎サンダール》を使うと良い。アナスタシスはコストが重いので、《母なる星域》などのサポートカードを少々入れた方が、フルクリーチャーにはならないものの、デッキの回りは良くなる。

進化元が3体も必要なので召喚には苦労するが、《超神星ビッグバン・アナスタシス》さえ召喚できれば、勝ったも同然なほど、クリーチャーが展開される。リスクは高いが華のある豪快な戦法こそが、このデッキの醍醐味だろう。

このデッキの弱点

《超神星ビッグバン・アナスタシス》を出せなければ話にならないため、進化元を片っ端から除去されると何もできない。そのため、【除去コントロール】に弱い。

また、《超神星ビッグバン・アナスタシス》を出した返しのターン全体除去を撃たれると悲惨。《アポカリプス・デイ》《バイオレンス・ヘヴン》《悪魔神王バルカディアス》《偽りの王 モーツァルト》には注意したい。S・トリガーでなければハンデスである程度対処はできる。

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 00:57:34