【アポカリプスコントロール】

《アポカリプス・デイ》を積極的に使うことでアドバンテージを得るデッキ

アポカリプス・デイ R 光文明 (6)
呪文
S・トリガー
バトルゾーンにクリーチャーが6体以上あれば、それをすべて破壊する。

《アポカリプス・デイ》は、バトルゾーンクリーチャーが6体以上いればそれらをすべて破壊できる。6マナ全体除去ができるのは非常に強力だが扱いが難しく、積極的に利用するとなると、相性のいいカードと組み合わせる必要がある。

デッキ文明を中心に、白青黒や、それに文明を足した4色で構成されることが多い。

主要カード

相性のいいカード

これといった定型は無く、プレイヤーの好みによって様々な形のものが組まれる。

《予言者ファルシ》《暗闇に潜む者バット・ドクター》などのpigクリーチャーは《アポカリプス・デイ》で巻き込みながら、能動的に能力を発動させていく。

並べるクリーチャー《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》《光器パーフェクト・マドンナ》など、破壊に耐性を持つものがよい。

それらを立たせておけば、《アポカリプス・デイ》の頭数を稼ぎつつ、《偽りの名 ドレッド・ブラッド》《復活の祈祷師ザビ・ミラ》とのコンボを狙うことができる。

《イモータル・ブレード》《無敵城 シルヴァー・グローリー》を使えば、相手は攻撃をためらうようになる。それを張った状態で《純潔の信者 パーフェクト・リリィ》タップキルを行うという戦術も有効である。

  • 自軍が破壊されることを前提としたデッキであるため、除去耐性が高く、相手の大量展開に対して心理的ロックをかけることもできる。相手が手札をため込むようになったときに《ロスト・ソウル》を撃てれば最高だろう。

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 01:18:26