【アミダナスカループ】

《超運命 アミダナスカ》の効果でシールドを増やすカードを使い続けるループデッキ。

超運命 アミダナスカ SR 光文明 (6)
クリーチャー:メタリカ/スペシャルズ 7500
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置く。
自分のシールドゾーンにカードが置かれた時、自分の山札の上から1枚目を見る。それが自分のシールドの数以下のコストを持つ光の呪文またはメタリカなら、コストを支払わずに使ってもよい。
ヴァリアブル・ポーカー R 光文明 (3)
呪文
自分のシールドをすべて見る。その中から好きな枚数を自分の山札の一番下に好きな順番で置く。その後、同じ枚数のカードを山札の上から取り、裏向きのままシールドに加える。
光霊姫アレフティナ SR 光文明 (4)
クリーチャー:メカ・デル・ソル/アーク・セラフィム 8000
このクリーチャーを召喚するコストは、自分のシールド1枚につき1多くなる。
相手のクリーチャーが自分を攻撃する時、それがそのターンはじめての自分への攻撃で、自分のシールドが1枚もない場合、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに加える。
自分のシールドが10枚以上あれば、自分はゲームに勝利する。
W・ブレイカー

主要カード

カード名役割
《超運命 アミダナスカ》シールドにカードが置かれたら山札の上から光の呪文メタリカ踏み倒し
《ヴァリアブル・ポーカー》アミダナスカの踏み倒し効果をストックする
《光霊姫アレフティナ》フィニッシャー

候補カード

カード名役割
《奇石 クローツ》シールド追加
《プロテクション・サークル》
《命翼ノ裁キ》
《憤怒スル破面ノ裁キ》2ターン目からシールドに裁きの紋章を用意することができる
《巡ル運命ノ裁キ》このカード一枚でサバキZの発動条件を揃えることができる。盾落ちのケアやタップキルの補助にも使える
《剣参ノ裁キ》キーカードを手札に揃えるサポートカード
《煌メク聖戦 絶十》ループをサポートするカード
《トライガード・チャージャー》アミダナスカに繋ぎつつシールドを操作できる
《ジャスティ・ルミナリエ》S・トリガー。絶十、アミダナスカ、アレフティナを出すことができる
《ハピネス・ベル》S・トリガー。シールド追加、シールド回収

概要

《超運命 アミダナスカ》の効果でシールドを増やすカードを踏み倒しし続け《光霊姫アレフティナ》を出して勝つのが基本的な動き。

シールドを増やすカードがデッキの大半を占めるため、それ以外のギミックはあまりない。《煌メク聖戦 絶十》裁きの紋章を増やし、動きを安定させている型もある。裁きの紋章《超運命 アミダナスカ》の効果で唱えると、シールドに行かずに墓地へ行くためループが止まってしまうことがあるので注意が必要。

《超運命 アミダナスカ》の効果のストックがない状況でシールドを増やすカードを使えなかった場合ループが止まってしまう。そのため《ヴァリアブル・ポーカー》《ハピネス・ベル》などの1枚でシールドを数枚増やすことができるカードが投入されている。これらはシールドの回収、またそれに近いことができるのでキーカードの盾落ちをケアできる。

《ヴァリアブル・ポーカー》はキーカードをシールドから山札へ送りつつ、《超運命 アミダナスカ》の効果を数回ストックできるため優秀で、《超運命 アミダナスカ》の効果で唱えることが出来ればほとんど安定した勝ちが狙える。ドロー系のカード、《ジャスティ・ルミナリエ》《光霊姫アレフティナ》の順番で山札に送り、ドロー系のカードで《光霊姫アレフティナ》を引き、《ジャスティ・ルミナリエ》を唱え、《光霊姫アレフティナ》を出すという終盤の動きのサポートもできる。

参考