【アモンロック】

《魔流星アモン・ベルス》《斬隠蒼頭龍バイケン》コンボによって相手のドローを封じるロックデッキ

魔流星アモン・ベルス VR 水/闇文明 (9)
進化クリーチャー:フェニックス/グランド・デビル 9000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
進化V−自分の水のクリーチャー1体と自分の闇のクリーチャー1体を重ねた上に置く。
相手は、カードを引いた時、そのカードを見せる。その後、自分の手札を2枚捨ててもよい。そうした場合、相手はそのカードを捨てる。
W・ブレイカー

斬隠蒼頭龍バイケン SR 水文明 (6)
クリーチャー:ポセイディア・ドラゴン/シノビ 6000
W・ブレイカー
相手のターン中に、このクリーチャーが自分の手札から捨てられる時、墓地に置くかわりにバトルゾーンに出してもよい。そうした場合、バトルゾーンにあるクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい。
自分のシノビの「ニンジャ・ストライク」能力を使った時、カードを1枚引いてもよい。

バトルゾーン《魔流星アモン・ベルス》手札《斬隠蒼頭龍バイケン》が2枚という状況で、相手のターン中に相手がカードを引く時、「バイケン×2を捨てて引いたカードを捨てさせる」→「バイケンがマッドネスにより場に出る」→「バイケンのcipによりバイケン自身を手札に戻す」と動くことで、手札を減らさずに相手のドローを封じることができる。
《コアクアンのおつかい》などの「見て手札に加える」系のカードやマナ墓地回収、自分のターン中のドローまでは封じられないものの、そのための手段がコンボ成立時点でバトルゾーンか手札になければほぼ完全に「詰み」である。

一番のネックはアモン自身の重さだったが、《蒼狼の始祖アマテラス》《母なる星域》などの登場によりかなり決めやすくなった。しかし、《蒼狼の始祖アマテラス》は現在プレミアム殿堂入りとなっているため、《母なる星域》しか主だった手段がないためやや厳しいか。

色構成は、必須のに加え自然をタッチした3色で組まれる。
序盤は手札補充でカードを集め、マナブースト。中盤はアモンの進化元となる水と闇のクリーチャーを展開する。このとき、相手の場に干渉するカードを選びたい。幸い、水文明と闇文明には相手のクリーチャーを除去するクリーチャーが多数存在する。
終盤にアモンを場に出して、ロック完了である。またロック後に《ロスト・ソウル》を叩くとなおよい。あとはこちらの山札が許す限り(ターン数が許す限り)クリーチャーを展開し、シールドを割っていくだけである。

主要カード

候補カード

《夜露死苦 キャロル》タッチする場合、5体目以降の《斬隠蒼頭龍バイケン》
《魔道凶獣バラムゲイナー》《魔流星アモン・ベルス》召喚時に反応して墓地から手札に戻るため、一時的なコストとして運用
《飛散する斧 プロメテウス》ブースト、マナ回収、水としての進化元の三役を兼任でき非常に優秀
《腐敗無頼トリプルマウス》《飛散する斧 プロメテウス》同様にブースト、ハンデス、闇としての進化元の三役を兼任できる
  • 有効な対策として《墓守の鐘ベルリン》があり、バトルゾーンに維持できればアモンの能力を完全に無力化することができる。また相手に捨てられた時に発動するマッドネスを積んでおけば、いずれロックは一時的に解除される。さすがにハンデスされることはないし、たった1枚で戦局を変えられるかは微妙だが、何もできずロックされたままよりははるかにマシである。
  • 身も蓋も無い話だが、コンボを決められる前に勝ってしまう事が1番の対策だと言えるだろう。

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 00:51:04