【アルメリック天門】

《神託の精霊アルメリック》能力をフル活用する【ヘブンズ・ゲート】の亜種。

アルメリックのシールド回収追加により、従来の天門とは比べ物にならないほどアグレッシブな動きを楽しめる。

ヘブンズ・ゲート R 光文明 (6)
呪文
S・トリガー
進化クリーチャーではない光の「ブロッカー」を持つクリーチャーを2体まで、自分の手札からバトルゾーンに出す。

神託の精霊アルメリック VR 光文明 (8)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 7500
ブロッカー
自分のクリーチャーが攻撃する時、カード名をひとつ選んで言う。その後、自分のシールドを1枚見る。そのシールドの中に選んだカードがあれば、相手に見せ、そのシールドを手札に加えてもよい。そうした場合、自分の山札の上から2枚を裏向きのまま、それぞれ新しいシールドとして自分のシールドゾーンに加える。
W・ブレイカー

奇跡の精霊ミルザム SR 光文明 (9)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 11000
ブロッカー
ウルトラシールド・プラス−このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札を上から5枚まで、裏向きのまま、自分のシールドいずれか1枚の下に置いてもよい。(こうして重ねたカードの束を1枚のシールドとみなす)
W・ブレイカー

《神託の精霊アルメリック》能力が決まれば手札シールドが1枚ずつ増え、大きなアドバンテージを得られる。

また、アルメリックの効果で回収したS・トリガーは問題なく使えるため、《アクア・サーファー》を筆頭とするS・トリガー獣も使われる。
シールドの中身を確認できなかった場合はアルメリックを2体出すかクリーチャー2体で殴ればよい。また4枚積みのカードを多くすれば当てずっぽうでもそれなりに当たるようになる。

主要カード

ブロッカーの候補

その他の候補

このデッキの使い方

序盤はドローで天門のパーツを集める。
《エメラル》《チェレンコ》《アクア・スーパーエメラル》《超次元ブルーホワイト・ホール》《宣凶師エルリオット》シールドの中身を把握しつつクリーチャーを展開できるとなお良い。

マナブーストを行う相手には間違いなくマナ数で出遅れるが、6マナ貯まれば関係ないので《ロスト・ソウル》などの大型ハンデスに警戒していればよい。

6マナ貯まったら《ヘブンズ・ゲート》詠唱。アルメリックとミルザム、もしくはアルメリック2体を展開。序盤に出したクリーチャービートダウンを開始する。

この流れが綺麗に決まれば、アルメリックの能力手札シールドもみるみる増えていき、並のビートダウンであれば詰みに近い状態になることも。
S・トリガーが当たれば殴り手の数もどんどん増えていくのでアルメリックの能力を使う機会も増える。
特に《ヘブンズ・ゲート》が当たれば再びアルメリックかミルザムが出せるので非常に強力。大型エンジェル・コマンドが4体前後並べば勝負は決まったようなものだろう。

《奇跡の精霊ミルザム》と相性のいい《音感の精霊龍 エメラルーダ》ももちろん採用可能。ウルトラシールド・プラスしたシールド暴発させれば爆発的なアドバンテージを獲得できる。

仮にクリーチャーが全て除去されてしまっても、シールドが増やせているならばS・トリガーからの逆転を狙って粘り強く戦うことができる。

このデッキの弱点

アルメリックを出した時点で攻撃できるクリーチャーがいない場合、即効果が使えず、返しのターンに除去されてしまうことも。

【ヘブンズ・ゲート】系列のコンボデッキの宿命で、ハンデスにも当然弱い。ハンデスを防ぐ《聖鐘の翼 ティグヌス》マッドネス《提督の精霊龍 ボンソワール》などで対策したい。

定番のブロッカー破壊も怖い。《超爆デュエル・ファイアー》《クリムゾン・メガ・ドラグーン》のような全体除去《剣豪の覚醒者クリムゾン GENJI・XX》《氷槍 パラディン・スピア》《クリスタル・スーパーパラディン》のような何度も効果を使えるカードは非常に厄介。とはいえ《爆竜 GENJI・XX》《超次元シューティング・ホール》であれば一体しか破壊しないのでそれほど脅威にはならない。

4枚積みのカードが多く、バトルゾーンに同名カードが並びやすいため《天使と悪魔の墳墓》も天敵。また、プレイ中同じカードが重なりやすいので、デュエル後は念入りにシャッフルしないと次の試合で酷い事故を引き起こす可能性が高い。

シールドが一枚でも残っていればアルメリックの効果を使えるが、全てブレイクされてしまうとどうしようもない。《超次元ブルーホワイト・ホール》《DNA・スパーク》《霊魔の覚醒者シューヴェルト》など、シールドを回復する手段を用意しておこう。

ライブラリアウトにも要注意。アルメリックとミルザムの効果デッキがどんどん削られていくためである。相手の超次元ゾーン《ヴォルグ・サンダー》が見えるなら、デッキの枚数には気を配ろう。不安なら《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》を1、2枚差す手もある。


その他

  • 派生形として、デッキの半数を遊撃師団で占めるタイプもある。およそ2分の1の確率で的中するので、仕込みの必要はほぼなくなる。

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 15:11:51