【アロロ&パロロ】

《戦神アロロ》《回神パロロ》、およびそれらを利用した非常にコンボ色の強いコントロールデッキ
それらのG・リンク形態はこちら→アロロ&パロロ

自然を基本に構築されるが、さらにを追加して4色になることも多い。

戦神アロロ R 火文明 (5)
クリーチャー:ティラノ・ドレイク/ゴッド 8000
自分のターンのはじめに、カードを1枚、自分のマナゾーンから墓地に置く。
W・ブレイカー
G・リンク《回神パロロ》の左横
このクリーチャーは、リンクしている時「T・ブレイカー」を得る。

回神パロロ R 闇/自然文明 (5)
クリーチャー:ゴッド/グランド・デビル/ビーストフォーク 5000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
カードが自分のマナゾーンから墓地に置かれる時、墓地に置くかわりに手札に加えてもよい。
G・リンク《戦神アロロ》の右横
このクリーチャーがリンクしていてバトルに勝った時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置いてもよい。

この2つのクリーチャーをリンクさせるとこうなる。

戦神アロロ/回神パロロ 闇/火/自然文明 (5+5)
クリーチャー:ティラノ・ドレイク/ゴッド/グランド・デビル/ビーストフォーク 13000
自分のターンのはじめに、カードを1枚、自分のマナゾーンから墓地に置く。
カードが自分のマナゾーンから墓地に置かれる時、墓地に置くかわりに手札に加えてもよい。
T・ブレイカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルに勝った時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置いてもよい。

黒赤緑で組む場合

《回神パロロ》能力を基盤として、デッキ全体の動きを操作する。《ダンディ・ナスオ》が2コスト《クリスタル・メモリー》として機能し、《腐敗勇騎ドルマークス》除去マナ回収の活躍を見せる。

《ダンディ・ナスオ》さえ手札にキープしていれば、その場に応じたカードを適宜サーチ出来るため、非常に柔軟性の高い動きを可能にする。ビートダウン相手ならば《憎悪と怒りの獄門》を、コントロール相手ならば《ロスト・ソウル》などのハンデスを呼び込めば、どのようなデッキとも渡り合うことが出来る。

《炎霊甲蟲ジャンガルジャン》《青銅の鎧》から《回神パロロ》に繋ぎ、《口寄の化身》を召喚して3〜5枚ほどのドローするという動きが基本。そこからは《ダンディ・ナスオ》のサーチで動けるため、ドローの少ない黒赤緑といえど、安定して手札を保持し続けることが出来る。

を追加して4色にする場合

《回神パロロ》能力を基盤とするのは上記の場合と大差ないが、マナ回収の役割を《龍仙ロマネスク》が担うところが最大の相違点である。さらに言えば、このデッキを追加する理由はこのカードを投入するためである、といってしまっても過言ではない。後に《神の裏技ゴッド・ウォール》が登場しパロロの生存時間を延ばせるようになったので、呪文回収カードも多少入れてもよいだろう。

マナブーストコスト軽減から《龍仙ロマネスク》へ繋ぎ、そこから《回神パロロ》《口寄の化身》を展開して大量の手札を確保するのが理想的な流れ。この流れだと《口寄の化身》で6枚前後のドローが見込める。また、《龍仙ロマネスク》が場にいれば毎ターン終了時にマナ回収ができるため、より安定して手札を保持することができる。

但し、当然ではあるが3色で組んだ場合と比べて色事故の確率は上昇する。また、色の数が増えるということはそれだけデッキのスペースが圧迫されることも忘れてはならない。《ダンディ・ナスオ》が入らない(入れられない)デッキも多い。

フィニッシャーについて

3色、4色どちらの場合でも《戦神アロロ》G・リンクさせればパワー13000のT・ブレイカーというフィニッシャーが簡単に出来上がるため、攻撃面でも不自由は無いだろう。当然、これをマナ回収として用いてもよい。

バトルゾーンに大量展開をした後、《カラフル・ダンス》を打ち、《魔天降臨》を打って相手のマナを縛るのもよい。この方法だと《威牙の幻ハンゾウ》等に代表されるニンジャ・ストライクの大半を封じることができる。

4色で組んでいる場合は《聖鎧亜キング・アルカディアス》《光神龍スペル・デル・フィン》ロックを仕掛けることも十分選択肢に入る。

この他にも《呪紋の化身》等が候補として存在するので、この辺りはプレイヤーの好みや周囲のメタに合わせるのが最良だろう。

このデッキの弱点は《回神パロロ》に対する直接除去である。
《ダンディ・ナスオ》のサーチ・《口寄の化身》のドローのいずれも《回神パロロ》バトルゾーンにあることを前提としているので、除去されると思うように行動することが出来ず、そのまま負けてしまうことも珍しくない。
また、文明のような確定ドローを持たないため、大量ドローの前に《口寄の化身》ハンデスで落とされるのにも脆い。
総じて、一旦相手の展開を許してしまうと巻き返すのが難しいデッキなので、こちらが主導権を握れたら反撃される前にフィニッシャーを用意して相手を殴り倒すプレイングを心がけたい。

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 01:11:47