【アンノウン】

各種サポートを駆使してアンノウンの大型を運用するデッキ
種族としてのアンノウン→アンノウン

アンノウンの候補

アンノウン/ゼニスの候補

サポートの候補

その他

基本戦術

マナブーストからアンノウンフィニッシャーに繋ぐのが常道。ゼニスならば《黒神龍オンバシ・ラオーン》《戦慄のプレリュード》のようなコスト軽減も使用可能。

ハングリー・エレガンス型

アンノウンのマナ召喚を許可する《偽りの名 ハングリー・エレガンス》を活用するタイプ。

大量のマナブーストから《偽りの名 ハングリー・エレガンス》召喚し、状況に応じてアンノウンをマナ召喚していく。《偽りの名 ゾルゲ》強制バトル除去したり、《偽りの王 ナンバーナイン》呪文を封じたりできる。

10マナ以上たまれば《「祝」の頂 ウェディング》《「智」の頂 レディオ・ローゼス》で勝負を決めることができる。ただし、《偽りの名 ハングリー・エレガンス》除去されると、動きが鈍るのが欠点。《蛇手の親分ゴエモンキー!》+《ボルバルザーク・エクス》コンボや、各種マナ回収で補いたい。類似能力を持つ《無敵剣 カツキングMAX》と併用するのも手。

ゼニス・シンフォニー型

《極頂秘伝ゼニス・シンフォニー》アタック・チャンスで唱えて、強力なゼニスコスト踏み倒しするタイプ。
《メッサダンジリ・ドラゴン》でアンノウンをスピードアタッカーにしたり、元々スピードアタッカー《偽りの名 バザガジー・ラゴン》で殴って、アタック・チャンスを使用する。自然を使うなら《ビックリ・イリュージョン》も挿しておきたい。

《ゼニス・シンフォニー》で出したゼニスターン終了時に手札に戻ってしまうが、得られるアドバンテージは大きいので、十分狙う価値はある。狙い目はやはり《「智」の頂 レディオ・ローゼス》《「祝」の頂 ウェディング》あたりだろう。

ワクワク・チャップルン型

ガーディアン《真実の名 ワクワク・チャップルン》と、専用アタック・チャンス呪文《守護秘伝ウィング・スパーク》を活用するタイプ。

《ワクワク・チャップルンは自身のcipで《ウィング・スパーク》をサーチし、攻撃時にアタック・チャンスで唱えられる。

《ウィング・スパーク》で相手クリーチャータップしつつドローし、さらに《チャップルン》をアンタップしてもう一度攻撃が可能となる。《メッサダンジリ・ドラゴン》で《チャップルン》をスピードアタッカーにしてやると効率が良い。

連ドラ型

《偽りの名 バルガ・ラゴン》《メッサダンジリ・ドラゴン》シナジーを利用し【連ドラ】として組むタイプ。

《バルガ・ラゴン》はアンノウン版《紅神龍バルガゲイザー》というべきカードであり、進化でないドラゴン山札の上から踏み倒しできる。《メッサダンジリ》がいればアンノウンはスピードアタッカーになるので、踏み倒したアンノウンで即座に攻撃が可能。

《偽りの王 モーツァルト》《偽りの王 ヴィルヘルム》《偽りの王 ナンバーナイン》などの強力なアンノウンを運用できるのは利点だろう。

DMD-07の「おさむのキングドラゴン降臨デッキ」はこのタイプ。

その他

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 00:06:49