【イニシエート】

種族としてのイニシエート→イニシエート

イニシエートを主軸にした種族デッキ。
闘魂編から長らく、イニシエートは《雷光の使徒ミール》《鎮圧の使徒サリエス》《聖天使クラウゼ・バルキューラ》をメインにタップ&デストロイを行うのが主流だった。

だが戦国編でのインフレにより、小型でタップキルを行う意義が薄れ、イニシエートは長い冬の時代を迎える。

その後エピソード3《サイレンス トパーズ》が登場。現在のイニシエートは白単【速攻】デッキとして組まれることが多い。

サイレンス トパーズ R 光文明 (4)
進化クリーチャー:アウトレイジ 6000
進化−自分のイニシエート1体の上に置く。
W・ブレイカー
誰も、自身のターン中、コスト4以上の呪文を唱えることができない。

剛厳の使徒シュライバー C 光文明 (3)
クリーチャー:イニシエート 3000
光以外の呪文を唱えるコストは2多くなる。

序盤は1ターン《涼風の使徒ラプド》《希望の親衛隊ラプソディ》→2ターン目に《一撃奪取 アクロアイト》召喚し、《サイレンス トパーズ》と繋げるのが黄金パターン。

主要カード

クリーチャーの候補

呪文の候補

基本的にビートダウンとなるが、他の色を絡めても、単色でも使えるのが強み。
単色ならば攻めも守りもこなせる《幻盾の使徒ノートルダム》を使うことが出来る。

速度は他の【速攻】に劣るが、《トパーズ》や《サグラダ》のおかげで呪文を封じて安全に攻めていけるのが長所。各種S・トリガー超次元呪文を封じることができるのは大きなメリットである。

また、軽量ブロッカースパーク呪文が搭載できることから、【速攻】同士のミラーマッチに強いのも特徴となっている。

弱点はS・トリガー獣か。《トパーズ》を《アクア・サーファー》などでバウンスされると、次のターンで一気に崩されてしまうこともあるので過信は禁物である。


イニシエートデッキの変遷

闘魂編

主力戦力の《聖天使クラウゼ・バルキューラ》《聖天使カイザル・バジキューラ》が登場することでまとまったデッキが作れるようになる。当時は【アクアンホワイト】の一種として活躍していた。

後半で第1期殿堂入りカードの発表、《光器ペトローバ》《凶星王ダーク・ヒドラ》という種族デッキの軸を得てメタゲームの上位に進む。

聖拳編不死鳥編

聖拳編初期の【ボルバルブルー】がまだ登場せず、【ボルバルステロイド】が主流だった環境では、このタイプのイニシエートデッキが抜群の強さでメタを席捲していた。
主な理由として小型クリーチャーを止めきる《聖天使グライス・メジキューラ》《無双竜機ボルバルザーク》を止められる《電脳聖者タージマル》の存在が大きい。

しかし、【ボルバルブルー】の流行や《炎槍と水剣の裁》クリーチャーを裁かれる関係から一歩下がることになる。その後《円舞の使徒ラストル》以外には戦力になりうるクリーチャーが少なく、長い冬の時代を迎える。

極神編

2007年9月15日の殿堂入り《クローン・バイス》殿堂入りとなりハンデスの主流が《ロスト・ソウル》に。
《炎槍と水剣の裁》プレミアム殿堂入りもあり《円舞の使徒ラストル》が使いやすくなった。

加えて、DM-26 「極神編 第3弾 超絶VS究極(ドラゴニック・ウォーズ)」《光陣の使徒ムルムル》《腐敗聖者ベガ》が、DM-27 「極神編 第4弾 完全極神(パーフェクト・ヘヴン)」では《電磁聖者ウォルミル》が登場し戦力が大幅に向上した。

優秀な多色クリーチャーが増えたことにより《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》《聖鎧亜キング・アルカディアス》を投入してロック性能を持ったタイプも登場。特に《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》は得意のクリーチャー制圧と合わせることによって高い効果を発揮した。

戦国編

《邪眼皇ロマノフI世》《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》などの《聖天使クラウゼ・バルキューラ》での対処が困難なクリーチャーが増えたことにより厳しい状況に陥る。
小型クリーチャーについても、パワー2000〜4000のクリーチャーの増加で今までのサリエスミールの流れが通用しにくくなった。さらに、追い打ちをかけるかのように《凶星王ダーク・ヒドラ》殿堂入りで回収能力もがた落ちした。
以上のような状況でデッキの強みが活かせず、メタゲームから退くことになる。

覚醒編

《涼風の使徒ラプド》が登場し、ついにイニシエートにもコスト1のカードが存在することとなった。さらに《聖天使グネス・パルキューラ》が登場したことによりブロッカー【速攻】と道ができた。
だが、《爆竜 GENJI・XX》が登場したことでブロッカー冷遇環境となり、再び冬の時代に入ってしまう。

エピソード1

サイキック・クリーチャーに出しやすい小型ブロッカーの《アルプスの使徒メリーアン》が登場、《超次元サプライズ・ホール》を守りに用いることができるようになった。
だがこの頃もシューティングガイアールが流行り、ブロッカーの多いイニシエートが活躍できる環境ではなかった。

また《墓守の鐘ベルリン》が登場。2マナ3000の呪文アンタッチャブルかつハンデスメタにもなった為、こちらはデッキを問わず広く使われた。

エピソード2

種族プッシュのエキスパンションで、イニシエートもフィーチャーされることに。
弾が進むごとに同じ古参種族であるガーディアンがかなり強化されていくに対し、イニシエートは毎弾に1,2体程度であったが、《予言者クルト》以来のデメリットのない1マナ500のクリーチャーである《希望の親衛隊ラプソディ》、他にイニシエートが2体以上いればW・ブレイカーに化ける3マナの《剛力の使徒イグナッチオ》、呪文のS・トリガーを封じる《瞬封の使徒サグラダ・ファミリア》と少しずつ強化されていった。

エピソード3

光以外の呪文のコストを2上げる《剛厳の使徒シュライバー》とコスト4以上の呪文を禁止するアウトレイジでありながらイニシエートを進化元にする《サイレンス トパーズ》の登場により、イニシエートに春が訪れる。その2体の登場により呪文を用いるデッキにはかなり優勢に戦うことができる。その反面、クリーチャーメインだとロックできるものがなにもないので滅法弱くなる。環境次第では地雷として十分期待できるだろう。実際、バニラリキッド・ピープルと組み合わせたデッキが結果を残している。

ドラゴン・サーガ

その名の通りドラゴンメインのエキスパンションである為、新規カードは一切ない。
一応ドラゴン・サーガ内で《光陣の使徒ムルムル》《剛厳の使徒シュライバー》《聖天使グネス・パルキューラ》《幻盾の使徒ノートルダム》の4体のイニシエートが再録された。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 01:11:09