【イメンループ】

《龍覇 イメン=ブーゴ》《邪帝遺跡 ボアロパゴス》《霞み妖精ジャスミン》《鎧亜戦隊ディス・マジシャン》ループを利用したワンショットデッキ。いわゆる【ボアロアックス】における【マジシャンループ】とはこれを指す。【ボアロループ】とも。

龍覇 イメン=ブーゴ P 自然文明 (7)
クリーチャー:ビーストフォーク號/ドラグナー 7000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、コスト4以下の自然のドラグハートを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(それがウエポンであれば、このクリーチャーに装備して出す)
自分のマナゾーンにあるカードを、すべての文明のカードとして扱う。
W・ブレイカー

邪帝遺跡 ボアロパゴス P 自然文明 (7)
ドラグハート・フォートレス
クリーチャーを自分の手札から召喚した時、自然のコスト5以下のクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。
龍解:自分のターンのはじめに、バトルゾーンにある自分のクリーチャーのコストの合計が30以上であれば、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップしてもよい。

鎧亜戦隊ディス・マジシャン R 闇/自然文明 (5)
クリーチャー:ロスト・クルセイダー/エイリアン 4000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
スペース・チャージ:闇/自然
SC−闇:クリーチャーを1体、自分の墓地から手札に戻す。
SC−自然:このターン中、次に召喚するクリーチャーのコストを最大2少なくする。ただし、コストは1より少なくならない。
※プレミアム殿堂入り

主なループ手段は以下の通り。

  1.  バトルゾーン《龍覇 イメン=ブーゴ》(または他のマナ5文明化カード)と《邪帝遺跡 ボアロパゴス》マナゾーン《鎧亜戦隊ディス・マジシャン》がある状態で《霞み妖精ジャスミン》を召喚する。
  2.  《ボアロパゴス》の効果により、マナゾーンから《ディス・マジシャン》をバトルゾーンに出す。
  3.  《ジャスミン》のcip能力によって自身を破壊し、マナブーストを行う。
  4.  5文明化されたカードがマナゾーンに置かれることで、《ディス・マジシャン》の2つのスペース・チャージが発動。墓地に行った《ジャスミン》を手札に回収し、このターン中次に召喚するクリーチャーのコストは最大2少なくなる。
  5.  召喚コストが1になった《ジャスミン》を召喚してcipを使うたび、《ジャスミン》を回収しつつマナブーストマナゾーンにあるコスト5以下のクリーチャーをバトルゾーンに出すことができる。

このループの途中で《霊騎ラグマール》を出し、相手のクリーチャーを全てどかし、《無双恐皇ガラムタ》《爆轟 マッカラン・ファイン》で相手のS・トリガーを封殺しつつ攻撃するのが基本戦術となる。
しかし、2月28日を以って《鎧亜戦隊ディス・マジシャン》がプレミアム殿堂入りしたことにより上記の方法はできなくなってしまった。
《鎧亜戦隊ディス・マジシャン》がプレミアム殿堂入りしたことにより、《アクア忍者 ライヤ》《S級原始 サンマッド》を利用したループが主流となる。

アクア忍者 ライヤ UC 水文明 (1)
クリーチャー:リキッド・ピープル閃 2000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のクリーチャーを1体、バトルゾーンから手札に戻す。

S級原始(トライブ) サンマッド SR 自然文明 (3)
進化クリーチャー:ゲリラ・コマンド/S級侵略者 3000
進化−自分の自然のコスト3のクリーチャー1体の上に置く。
S級侵略[原始]−自然のコスト3のクリーチャー(自分の自然のコスト3のクリーチャーが攻撃する時、自分の手札またはマナゾーンにあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)
自分のクリーチャーが3体以上あれば、このクリーチャーに「T・ブレイカー」を与える。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにクリーチャーが4体以上あれば、そのうちの1体を選び、持ち主のマナゾーンに置く。

複数ループまで発生させられる条件があるが、基本となるループ手段は以下の通り。

  1.  バトルゾーン《龍覇 イメン=ブーゴ》(または他のマナ5文明化カード)と《邪帝遺跡 ボアロパゴス》マナゾーン《天真妖精オチャッピィ》《S級原始 サンマッド》墓地《霞み妖精ジャスミン》がある状態で《天真妖精オチャッピィ》タップし、《アクア忍者 ライヤ》を召喚する。
  2.  《ボアロパゴス》の効果により、マナゾーンから《天真妖精オチャッピィ》バトルゾーンに出す。
  3.  《アクア忍者 ライヤ》の効果により、《アクア忍者 ライヤ》手札に戻す。
  4.  《天真妖精オチャッピィ》の効果により、《霞み妖精ジャスミン》マナゾーンに置く。
  5.  《霞み妖精ジャスミン》をタップし、《アクア忍者 ライヤ》を召喚する。
  6.  《ボアロパゴス》の効果により、マナゾーンから《霞み妖精ジャスミン》バトルゾーンに出す。
  7.  《アクア忍者 ライヤ》の効果で自身を手札に戻し、《霞み妖精ジャスミン》の効果を使用する。
  8.  《S級原始 サンマッド》をタップし、《アクア忍者 ライヤ》を召喚する。
  9.  《ボアロパゴス》の効果により、マナゾーンから《S級原始 サンマッド》《天真妖精オチャッピィ》を進化元にし、バトルゾーンに出す。※この時、場にあるクリーチャーが4体以上いない場合は、先に適当なクリーチャーを出し4体以上ある状態にする。
  10.  《アクア忍者 ライヤ》の効果で自身を手札に戻し、《S級原始 サンマッド》の効果により、《S級原始 サンマッド》をマナに置く。

この過程によりアンタップ状態のマナが1つ増えることを利用し、場にクリーチャーをそろえワンショットを狙うのが基本となる。

上記のループの応用として、マナに《S級原始 サンマッド》が2枚あるとき、多色以外のクリーチャーをマナと山札を減らさず使いまわすことができる。
やり方は以下通り。

  1.  使いまわしたいクリーチャーをタップし、《アクア忍者 ライヤ》を召喚する。
  2.  《ボアロパゴス》の効果により、マナゾーンから使いまわしたいクリーチャーバトルゾーンに出す。
  3.  《アクア忍者 ライヤ》の効果で自身を手札に戻す。
  4.  《天真妖精オチャッピィ》タップし、《アクア忍者 ライヤ》を召喚する。
  5.  《ボアロパゴス》の効果により、マナゾーンから《天真妖精オチャッピィ》バトルゾーンに出す。
  6.  《アクア忍者 ライヤ》の効果で自身を手札に戻す。
  7.  《S級原始 サンマッド》をタップし、《アクア忍者 ライヤ》を召喚する。
  8.  《ボアロパゴス》の効果により、マナゾーンから《S級原始 サンマッド》《天真妖精オチャッピィ》を進化元にし、バトルゾーンに出す。
  9.  《アクア忍者 ライヤ》の効果で自身を手札に戻し、《S級原始 サンマッド》の効果により、使いまわしたいクリーチャーをマナに置く。
  10.  《S級原始 サンマッド》をタップし、《アクア忍者 ライヤ》を召喚する。
  11.  《ボアロパゴス》の効果により、マナゾーンから《S級原始 サンマッド》《S級原始 サンマッド》を進化元にし、バトルゾーンに出す。
  12.  《アクア忍者 ライヤ》の効果で自身を手札に戻し、《S級原始 サンマッド》の効果により、《S級原始 サンマッド》をマナに置く。
    このようにすることで使いまわしたいクリーチャーを永遠と使いまわし続けることが可能となる。
    主にこの方法は《奇天烈 シャッフ》の効果を使いまわす際に用いられる。
    他には、《パクリオ》手札をゼロにしながら《蒼神龍ヴェール・バビロニア》を使いまわせば、【パクリオループ】という形でを入れずに《黒神龍ザルバ》の代替が可能。

主要カード

候補カードの例

《光牙忍ハヤブサマル》防御カード
《音感の精霊龍 エメラルーダ》S・トリガー仕込み・《邪帝遺跡 ボアロパゴス》への龍解補助
《No Data》毎ターンシールド交換ドロー
《鎧亜戦隊ディス・ピエロ》スペース・チャージにより手札補充 《イメン》がいれば毎回両方使える
《終末の時計 ザ・クロック》防御カード
《パクリオ》ハンデス《蒼神龍ヴェール・バビロニア》とセットで【パクリオループ】が可能。
《電流戦攻セブ・アルゴル》ビートダウン系デッキの対策・《邪帝遺跡 ボアロパゴス》龍解の補助
《爆轟 マッカラン・ファイン》クリーチャースピードアタッカー
《ダンディ・ナスオ》キーパーツの回収・《邪帝遺跡 ボアロパゴス》への龍解の補助
《霊騎ラグマール》相手クリーチャーの除去・ブースト
《掘師の銀》
《次元流の豪力》《邪帝遺跡 ボアロパゴス》龍解の補助
《鳴動するギガ・ホーン》キーパーツのサーチ手段
《陰陽の舞》《邪帝遺跡 ボアロパゴス》龍解の補助
《界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》《音感の精霊龍 エメラルーダ》とのコンボで《邪帝遺跡 ボアロパゴス》龍解の補助
《飛散する斧 プロメテウス》ブーストしつつキーパーツの回収
《侵革目 パラスラプト》墓地自然クリーチャーを全てマナに・シールドが2枚以下でクリーチャーを1体マナ召喚
《獣軍隊 ヤドック》踏み倒しメタ
《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》並べたクリーチャースピードアタッカー
《革命目 ギョギョウ》《ラグマール》等と組み合わせ、相手クリーチャーに疑似的なロックをかける
《奇天烈 シャッフ》指定した数字の呪文を封殺及びクリーチャーを動けなくする・《単騎連射 マグナム》と合わせて、相手に何もさせない状態を作る
《単騎連射 マグナム》S・トリガークリーチャーシノビ革命0トリガークリーチャーを封殺
《無双恐皇ガラムタ》S・トリガー封殺
《トレジャー・マップ》コンボパーツの回収
《ドンドン吸い込むナウ》コンボパーツの回収・除去トリガー
《フェアリー・シャワー》手札補充兼ブースト・ビート対策
《成長目 ギョウ》盾回収・《革命目 ギョギョウ》《侵革目 パラスラプト》補助
《Dの花道 ズンドコ晴れ舞台》相手のD2フィールドの除去・マナに落ちたイメンを展開・マナブースト効果による展開の補助・イメン+ライヤでループ、ただしパゴスを含めると毎回山札を2枚消費するためLOの可能性があるので注意、また、上記のサンマループとの相性が悪い

候補となる超次元ゾーンに入るカード

サンプルデッキ

「デュエル・マスターズグランプリ-1st」優勝
レシピはプレイヤー本人のTwitterより。

メインデッキ

超次元ゾーン

理想的な動かし方

まずはキーカードとなる《龍覇 イメン=ブーゴ》のためにマナブーストをしつつ、必要なパーツをマナゾーンに埋めていくことが必要となる。

《龍覇 イメン=ブーゴ》を出し、《邪帝斧 ボアロアックス》を出したら《邪帝遺跡 ボアロパゴス》への龍解を狙う。
《邪帝遺跡 ボアロパゴス》龍解のためにはコストの合計が20以上にする必要があるので、《龍覇 イメン=ブーゴ》を含めあと13コスト必要になる。
他にクリーチャーがあるならば《電流戦攻セブ・アルゴル》を出すことでコスト10を稼ぐことが出来るので簡単に龍解の条件は整う。
《音感の精霊龍 エメラルーダ》を採用している場合、手札に《界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》があれば、《音感の精霊龍 エメラルーダ》を出し、スーパーS・バックを使うことで盤面に何もない状態からでもコスト20を達成することができる。

《龍覇 イメン=ブーゴ》《邪帝遺跡 ボアロパゴス》《アクア忍者 ライヤ》《天真妖精オチャッピィ》《S級原始 サンマッド》《霞み妖精ジャスミン》が揃ったら前述のループを行う。

どこに何のカードがあるかなどを把握する必要があり、慣れるまでに時間がかかるが、決まればワンショットキルが出来る非常に強力なデッキである。

  • 「デュエル・マスターズグランプリ-3rd」、「デュエル・マスターズグランプリ-4th」でそれぞれベスト16に輝くなど、度重なる殿堂入りの影響を受けてもなお環境に太刀打ちしている。

参考


Last-modified: 2018-11-12 (月) 21:35:22