【イルカロック】

《愛されし者 イルカイル》の効果を使い、自身の《爆走戦鬼レッド・ライダーズ》を毎ターンバウンスして、相手のマナを削り続けるランデスロックデッキ。
プレミアム殿堂によって【ジョバンニスコール】が消滅して間もなく登場した《愛されし者 イルカイル》とほぼ同時に完成したデッキ。【ジョバンニスコール】の意思を継ぐデッキとして何かと話題になった。

愛されし者 イルカイル UC 水文明 (3)
クリーチャー:ムートピア 3000
ブロッカー
このクリーチャーは攻撃できない。
自分のターンの終わりに、自分のクリーチャーを1体、手札に戻してもよい。

爆走戦鬼レッド・ライダーズ C 火文明 (2)
クリーチャー:ヒューマノイド 1000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の墓地に《爆走戦鬼レッド・ライダーズ》が1枚でもあれば、相手のマナゾーンからカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。

ドリル・スコール C 火文明 (1)
呪文
カードを1枚、自分のマナゾーンから自分の墓地に置く。その後、相手はカードを1枚、自分自身のマナゾーンから選び、持ち主の墓地に置く。

アクア・リアクター UC 水文明 (2)
クリーチャー:リキッド・ピープル 3000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札を1枚、自分の山札の上から2枚目に置く。

主要カード

《愛されし者 イルカイル》コンセプト
《爆走戦鬼レッド・ライダーズ》毎ターンランデス
《ドリル・スコール》とにかくテンポを稼ぐ
《アクア・リアクター》自分だけ山札回復。相手はライブラリアウトへ

候補カード

《勇愛の天秤》レッド・ライダーズを墓地に落とす
《爆鏡 ヒビキ》とにかく相手のマナを増やさせない
《超次元ムシャ・ホール》激沸騰!オンセン・ガロウズを呼び出す

《異端流し オニカマス》超強力な踏み倒しメタ
《アクア忍者 ライヤ》使い切り版《イルカイル》
《エマージェンシー・タイフーン》レッド・ライダーズを墓地に落とす
《海底鬼面城》キーパーツを高速で回収
《パクリオ》ランデスとハンデスを並行して行う
《水上第九院 シャコガイル》時間切れ対策になるフィニッシャー

無色

《DG 〜裁キノ刻〜》強力なマナブーストメタ

サイキック・クリーチャー

《激沸騰!オンセン・ガロウズ》レッド・ライダーズをはじめとするクリーチャーのcipを2回連射できる。

デッキの動かし方

 基本的な発想は【ジョバンニスコール】と同様と考えてよい。1,2ターン目までに盤面は揃えておくのが重要だろう。つまりは墓地に《レッド・ライダーズ》を最低1枚は落としておく事。《イルカイル》が出れば、そこからロックスタートである。《レッド・ライダーズ》を毎ターンバウンスし、毎ターン相手のマナを削っていく。動きの速い相手には、途中で《ドリル・スコール》でテンポを稼いだり、《パクリオ》で妨害したりと動き回ることが重要。

 【ジョバンニスコール】との違いは、《レッド・ライダーズ》を主軸に据えるので、自分のマナは増えていくという事。余ったマナから自分だけ展開できるので、一度ロックを完成させれば相手がそこから抜く出る事は難しいだろう。《イルカイル》や《レッド・ライダーズ》を複数並べれば、一気にマナを数枚焼く派手な動きもできる。《超次元ムシャ・ホール》からの《激沸騰!オンセン・ガロウズ》を繋げれば、更に動きは加速するだろう。勝ち筋としては、相手が何もできないことを確信した段階で《レッド・ライダーズ》のついでに《アクア・リアクター》を出し入れすれば自分の山札はそれ以上減らず、相手のライブラリアウトを待つだけである。

 弱点はロックに至るまでのパーツが多い事と、その遅さが挙げられる。実際、【ジョバンニスコール】と比べてもややロックに至るまでがワンテンポ遅い。この点は、《DG 〜裁キノ刻〜》で少しは緩和されたか。

初期のイルカロックは時間切れに弱いという弱点を持っていたが、《水上第九院 シャコガイル》の登場以降は、相手は意固地になって投了を拒否することで時間切れによる両者敗北を狙うケースであっても、自力で勝てるようになった。

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 23:14:47