【エンジェル・コマンド】

種族としてのエンジェル・コマンド→エンジェル・コマンド

基本的にエンジェル・コマンドは重い種族であるため、他の種族デッキのように「同種族ウィニーを大展開→それらを一括サポートできる種族支援カードでフィニッシュ」という定番の流れは実現させにくい。

よって種族デッキを作る場合、ゲームを決める力を持っている強力な各進化クリーチャー召喚コンセプトの中心にして組まれることが多い。

聖霊王アルファディオス SR 光文明 (10)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド 15500
進化−自分のエンジェル・コマンド1体の上に置く。
誰も、光以外のクリーチャーを召喚したり、光以外の呪文を唱えることはできない。
T・ブレイカー

なんと言っても目を引くのは、強烈に相手をコントロールし、ゲームエンドに持ち込める《聖霊王アルファディオス》
【除去コントロール】の特性を生かして時間を稼ぎ、召喚に繋げる【除去アルファディオス】自然マナブーストを駆使して早期召喚を狙う【ターボアルファディオス】などが有名である。

《聖霊王アルカディアス》《聖霊王エルレヴァイン》など、ほかにも強力な能力を持った進化クリーチャーは多く、それらをフィニッシャーにしてデッキを組むこともできる。
《聖霊王エルフェウス》は比較的低コストで出しやすく、ビートダウン気味に組んでも活躍できる。

《白騎士の聖霊王 HEAVEN》で相手クリーチャーシールドに埋め、《神羅サンダー・ムーン》から《ティラノ・リンク・ノヴァ》を唱えてまとめて吹き飛ばす戦術もある。(>【サンダー・ムーンシュート】)

他にも《悪魔聖霊アウゼス》を主力にした【アウゼス】や、元々この種族が主力になりやすい【ヘブンズ・ゲート】《悪魔聖霊バルホルス》を主力にした【ターボバルホルス】《奇跡の精霊ミルザム》を利用した【暴発ミルザム】【アルメリック天門】など、強力な各々のエンジェル・コマンドを主力にしたデッキも多い。

エピソード2では単色エピソード3では無色のエンジェル・コマンドが出現。それらは《ウェディング・ゲート》コスト踏み倒しすることができる。従来ののエンジェル・コマンドとの共存は難しいものの、【ウェディング・ゲート】も強力なデッキである。

また、《死神明王ガブリエル・XENOM》《偽りの悪魔神王 デス・マリッジ》《偽りの星夜 オレオレ・ダークネス》の存在からと組むことも容易である。

  • 白凰をはじめとする大体の使いが使用する種族なだけあって、構築済みデッキは非常に多い。組み始めるのに苦労はしないだろう。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 01:42:01