【エンド・オブ・ザ・ワールド】

《黒神龍エンド・オブ・ザ・ワールド》の強力な墓地肥し能力を利用したデッキ。

黒神龍エンド・オブ・ザ・ワールド SR 闇文明 (7)
クリーチャー:ドラゴン・ゾンビ 7000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札を見る。その中から3枚選び、残りをすべて墓地に置き、その後、選んだ3枚を好きな順序で山札に戻す。
W・ブレイカー
  1. 返霊型
  2. ワンショットキル型

返霊型

DM-36で登場した能力、返霊を最大限に利用するタイプ。
単色、または/自然の2色で組まれる。

《終末の覇王アザファウスト》返霊を使用するタイプと、《殲滅の英雄ハンニバルZ》地獄返霊を連発し、フィールドアドバンテージを一気に奪うタイプの2種類ある。

終末の覇王アザファウスト VR 闇文明 (6)
クリーチャー:デーモン・コマンド 6000
E・ソウル
返霊15(このクリーチャーが攻撃する時、自分の墓地からカードを15枚、好きな順序で山札の一番下に置いてもよい。そうした場合、このクリーチャーの返霊能力を使う)
返霊−他のクリーチャーをすべて破壊する。自分のシールドを1枚選び、その後、このクリーチャーは自分の残りのシールドをすべてブレイクする。相手のシールドを1枚選び、その後、このクリーチャーは相手の残りのシールドをすべてブレイクする。
W・ブレイカー

殲滅の英雄(カリスマ)ハンニバルZ(ゼータ) VR 闇文明 (7)
クリーチャー:デーモン・コマンド 7000
E・ソウル
地獄返霊4(このクリーチャーが攻撃する時、またはその返霊能力を使った時、自分の墓地からカードを4枚、好きな順序で山札の一番下に置いてもよい。そうした場合、このクリーチャーの返霊能力を使う
返霊-相手のクリーチャーを1体破壊する。
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする

この時、ドラゴン・ゾンビである《黒神龍エンド・オブ・ザ・ワールド》が破壊されるために、墓地から《黒神龍グールジェネレイド》がワラワラと出てくる。

その上《終末の覇王アザファウスト》の「相手のシールドを1枚選び、その後、このクリーチャーは相手の残りのシールドをすべてブレイクする。」は、あくまで返霊の効果であるため、ブレイクしたシールドにトリガーがあった場合、アザファウスト自身が破壊される可能性はあるが、ブレイクが全て解決した後で待機状態となっていた《黒神龍グールジェネレイド》の自身リアニメイト能力が誘発するため、《黒神龍グールジェネレイド》がトリガーを踏むことは無い。(アザファウストの返霊使用後のブレイクで踏む可能性はある)

返霊使用後、こちら側は《黒神龍グールジェネレイド》が数体バトルゾーンにいるが、相手の場には覚醒が解除されたサイキック・クリーチャーか、リンクしていたゴッドなど、一部のクリーチャーしかいなくなるため、そのまま次のターンに殴りきって勝つというデッキである。

アザファウスト以外に、殆ど返霊を持つクリーチャーが入らないのも特徴といえば特徴か。

アザファウスト型

主要カード

候補カード

《ダンディ・ナスオ》エンド(略)やアザファウストを墓地に落とす 殿堂入り
《墓穴怪人ガンジンメン》ナスオで落したものを回収する
《天真妖精オチャッピィ》アザファウストでブレイクされたシールドで召喚
《オットコマエ・ピーマン》序盤マナになったグールを山札へ返す
《光牙忍ハヤブサマル》アザファウストの返霊発動後のスキをカバー 殿堂入り
《ローズ・キャッスル》【速攻】対策

ハンニバルZ型

《殲滅の英雄ハンニバルZ》を使用するデッキは、返霊を持つクリーチャーを多数召喚しフィールドアドバンテージを得つつ、とどめにハンニバルZで一掃する。新しい形の中速ビートと言ってもいいかもしれない。

主要カード

候補カード

慢性的な手札不足に陥りやすいので、墓地回収カードを増やすのもいいだろう。
どちらのデッキもコントロール系や、シノビ系のデッキにはなかなかの勝率を誇るが、やはりエキスパンションが出るたびに強化される【速攻】に対して弱い。現在の【速攻】に対応するには、文明を追加して【速攻】対策をするなど、環境に合わせた調整が必要である。


ワンショットキル型

《黒神龍エンド・オブ・ザ・ワールド》の能力で《盗掘人形モールス》《黒神龍グールジェネレイド》を墓地に置けることを利用し、1ターンでクリーチャーを大量展開しスピードアタッカー化させワンショットキルを狙うタイプ。

主に自然《光神龍ダイヤモンド・グロリアス》または《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》を数枚加えて組まれる。

主要カード

主な流れは以下の通り。

  1. マナブーストから《黒神龍エンド・オブ・ザ・ワールド》を召喚。cip能力で《盗掘人形モールス》を一枚一番上に置き、他の《盗掘人形モールス》《黒神龍グールジェネレイド》《黒神龍ハイサイ・ラッシャイ》を墓地に置く。《黒神龍ハイサイ・ラッシャイ》は自身の能力でバトルゾーンに出る。
  2. 《盗掘人形モールス》G・ゼロで召喚。墓地にある全ての《盗掘人形モールス》を回収し、最後に《魔龍バベルギヌス》を回収する。
  3. 《魔龍バベルギヌス》を召喚し自壊して《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》or《光神龍ダイヤモンド・グロリアス》を場に出す。
  4. ドラゴンが墓地に置かれたので《黒神龍グールジェネレイド》墓地から復活する。
  5. スピードアタッカー化したクリーチャーで一気に攻める。
    以上が基本的な動きになるが、状況次第で変えることも必要である。
    相手がランデス主体のデッキであった場合、《盗掘人形モールス》の展開を諦めて5コストで動ける《インフェルノ・サイン》をトップに置くなど。

《黒神龍エンド・オブ・ザ・ワールド》を召喚した時点で山札が3枚になるので、基本的に召喚してから3ターンの内に勝負を決めなければならない。
よって、《天使と悪魔の墳墓》《アポカリプス・デイ》を踏むと致命傷になりかねない。万が一の場合を考えて山札に残すカードは一番上以外も考えておいた方が良いだろう。

参考


Last-modified: 2018-11-27 (火) 00:12:54