【エンペラー・キリコ】

《エンペラー・キリコ》を軸とした大量展開による一撃必殺デッキ。
自然タッチで組まれることが多い。

エンペラー・キリコ SR 水文明 (8)
進化クリーチャー:サイバーロード/オリジン 13000
進化−自分の「サイバー」と種族にあるクリーチャーまたはオリジン1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分の他のクリーチャーをすべて、好きな順序で自分の山札の一番下に置く。その後、山札の上から、進化ではないクリーチャーが3体出るまでカードを表向きにする。その3体をバトルゾーンに出し、山札をシャッフルする。
T・ブレイカー
※プレミアム殿堂

蒼狼の始祖アマテラス R 水文明 (6)
クリーチャー:ナイト/サムライ/オリジン 5000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、次のうちいずれかひとつを選んでもよい。
►自分の山札を見る。その中からコストが4以下の呪文を1枚選び、山札をシャッフルしてからその呪文をコストを支払わずに唱える。
►自分の山札を見る。その中からコストが4以下のクロスギアを1枚選び、山札をシャッフルしてからそのクロスギアをコストを支払わずにジェネレートする。
※プレミアム殿堂

進化元は基本的に《蒼狼の始祖アマテラス》《黙示賢者ソルハバキ》《斬隠オロチ》であり、防御はS・トリガー呪文、《ノーブル・エンフォーサー》《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》、一部のシノビなどで行う。

《蒼狼の始祖アマテラス》《母なる紋章》《母なる星域》を使って《エンペラー・キリコ》を呼び出すのが基本。

主要カード

《エンペラー・キリコ》コンセプトカード
《蒼狼の始祖アマテラス》進化元・コンボパーツ・マナブーストと、八面六臂の活躍
《斬隠オロチ》キリコのミニバージョン 進化元と防御をかねる
《フェアリー・ライフ》アマテラスで撃てるマナブースト
《鼓動する石版》
《ブレイン・チャージャー》他、
4コスト以下のチャージャー
《ミラクルとミステリーの扉》キリコのような使い方ができるS・トリガー呪文。

弱点

【速攻】デッキの相手は基本的に厳しい。
《ノーブル・エンフォーサー》で止まる相手なら問題ないが、大抵パワー4000ぐらいのクリーチャーが複数入っているので過信はできない。《ミラクルとミステリーの扉》等、S・トリガー呪文を入れておく事である程度軽減できる。また、現在は《永遠のリュウセイ・カイザー》によってタップされているクリーチャーを全て破壊し、後続も完全に断つことが可能。
また、《聖鎧亜キング・アルカディアス》への対抗策が少ないことも弱点。核となるキリコもアマテラスも単色であるし、性質上除去呪文はあまり入れられない。
しかし現在《聖鎧亜キング・アルカディアス》プレミアム殿堂カードとなっているためその点を考える意味は無いだろう。

その他

亜種に、ランデスに特化した【キリコランデス】、進化ドラゴンを展開する【星域キリコドラゴン】【キング・アルカディアス】のロックシステムを組み込んだ【キングロックキリコ】がある。

参考


Last-modified: 2018-11-09 (金) 11:10:10