【オーロラドギラゴン】

《逆転のオーロラ》で自分のシールドを一気に減らして革命0の条件を満たし、無限アタッカーとなった《燃える革命 ドギラゴン》1ショットキルを狙うデッキ。

燃える革命 ドギラゴン LC 火文明 (7)
進化クリーチャー:メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍 15000
進化−自分の火のクリーチャー1体の上に置く。
T・ブレイカー
革命2―このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のシールドが2つ以下なら、次の自分のターンのはじめまで、自分はゲームに負けず、相手はゲームに勝たない。
革命0―このクリーチャーが攻撃する時、自分のシールドが0枚なら、このクリーチャーをアンタップする。

逆転のオーロラ R 自然文明 (5)
呪文
自分のシールドを好きな枚、自分のマナゾーンに置く。

必須カード

候補カード

《フェアリー・ライフ》初動のマナブースト
《霞み妖精ジャスミン》
《爆砕面 ジョニーウォーカー》マナブーストor2000火力
《フェアリーの火の子祭》カードを置けば手札に戻るマナブースト
《偽りの名 13/種族選別》呪文面は3コストで最大3枚手札補充。ほぼ呪文面のみ使用
《ゴーゴー・ジゴッチ》ドラゴンサーチ
《単騎連射 マグナム》コスト踏み倒し対策
《ドンドン吸い込むナウ》S・トリガー青赤緑にする場合
《燃えるメラッチ》《ドギラゴン》をコスト軽減
《無敵 ドン・カツドン》マナブーストドロン・ゴーによる耐性持ちの進化元
《鯛焼の超人》4コストで4枚のアンタップマナ生成cip持ち。進化元に
《ドギラゴン・エントリー》シールド回収しつつ手札から《ドギラゴン》を踏み倒す
《モエル 鬼スナイパー》火力付きS・トリガー進化元
《龍覇 グレンモルト》汎用性の高いドラグナー。サブフィニッシャー
《破壊者 シュトルム》進化元用のS・トリガー獣。割り振り火力6000
《イーグル・バトッチ》進化元用のS・トリガー獣強制バトル+1ドロー
《デュアルショック・ドラゴン》進化元用のS・バック獣。cipで自発的にシールドを減らせる
《ボルバルザーク・エクス》マナを全てアンタップ
《ボルシャック・ドギラゴン》革命0トリガー強制バトル
《光姫聖霊ガブリエラ》《逆転のオーロラ》とのコンボ
《無敵剣 カツキングMAX》《ドン・カツドン》のドロン・ゴー
《母なる星域》5枚目以降の《幻緑の双月/母なる星域》
《逆転のオーロラ》5枚目以降の《ズーネヨマ/オーロラ》
《閃光の守護者ホーリー》汎用S・トリガー獣タッチする文明によって選択
《終末の時計 ザ・クロック》

このデッキの回し方

【オーロラマリッジ】と同じくマナブーストから《逆転のオーロラ》に繋げ、余ったマナ《母なる星域》を唱えて《燃える革命 ドギラゴン》進化させる。《ドギラゴン》自体はそこまで重くなく、サポートも豊富で進化元も融通が利くため、仮に《母なる星域》を引けなくとも手札からの進化も難しくない。
運悪くS・トリガーを踏んで1ショットキルに失敗しても、《燃える革命 ドギラゴン》革命2により次のターンに負けることはない。

弱点

《母なる星域》による踏み倒しを邪魔する《異端流し オニカマス》を採用しており、なおかつ《逆転のオーロラ》を唱えるまでにシールドを全て吹き飛ばす速攻性能のあるデッキはキツイ。早期にシールドをすべてブレイクされると《ラ・ズーネヨマ・パンツァー》準バニラと化してしまう。ただ、2019年3月1日の殿堂レギュレーション改訂によって、その条件を満たしていた【赤青ドギラゴン剣】が安定して4ターン程度で安定した1ショットキルを実現できなくなったため、だからこそDMEX-04《ラ・ズーネヨマ・パンツァー/逆転のオーロラ》を獲得したこのデッキが一定の評価をされるようになったと言える。

その他

参考