【オオ・ヘラクレス】

《大魂蟲オオ・ヘラクレス》能力を使ってハンターコスト踏み倒しするデッキの総称。

大魂蟲オオ・ヘラクレス VR 自然文明 (6)
進化クリーチャー:ジャイアント・インセクト/ハンター 7000
進化−自分のハンター・クリーチャー1体の上に置く。
このクリーチャーが攻撃する時、自分のマナゾーンにあるカードの枚数以下のコストを持つ、進化ではないハンター・クリーチャーを1体、自分のマナゾーンから選んでもよい。それをバトルゾーンに出す。
W・ブレイカー

《大魂蟲オオ・ヘラクレス》攻撃時にマナゾーンの枚数以下の非進化ハンターマナゾーンから出す。6マナの状態で出してすぐ殴れば6マナのハンターを出せるが、マナブーストと組み合わせればそれ以上のマナコストクリーチャーでも出せる。

《大魂蟲オオ・ヘラクレス》自然を中心に、《爆走鬼娘モエル・ゴー》サーチが出来るが組み合わせられることが多い。基本的にどの文明とも組めるため、デッキビルディングの幅は広い。

主要カード

踏み倒し候補

《無双竜機フォーエバー・メテオ》バトルに勝つと連鎖的に強制バトル
《無双竜鬼ミツルギブースト》cipで6000火力を撃ちつつブースト。再利用が可能
《逆転王女プリン》アンタップで再び攻撃できるようにする

サポートの候補

ハンターのサイキック・クリーチャー

このデッキの使い方

やはりマナブーストから素早く《大魂蟲オオ・ヘラクレス》を出したい。《爆走鬼娘モエル・ゴー》《フェアリー・ライフ》《霞み妖精ジャスミン》から繋がり、《大魂蟲オオ・ヘラクレス》サーチしてそのまま進化できるため、非常に相性がいい。

サイキック・クリーチャーハンター進化元に出来る。使い終わった《勝利のガイアール・カイザー》《勝利のプリンプリン》《ブーストグレンオー》《サンダー・ティーガー》も再利用が可能。

6マナ貯まったから《大魂蟲オオ・ヘラクレス》進化して殴り始める。とりあえず最低でも6マナあるはずなので、6マナ以下のハンターを出せる。スピードアタッカー《鬼カイザー 「滅」》や、cipアンタップさせる《逆転王女プリン》が狙い目。

次のターンまで運よく《大魂蟲オオ・ヘラクレス》が生き残ったら、《爆進イントゥ・ザ・ワイルド》などでマナを回復させ、今度は6マナ越えの大型のコスト踏み倒しを狙う。

ハンターは非常に層が厚く、プレイヤーの好みや環境に合わせて様々なデッキを組む事ができる。以下に各文明の特徴を挙げるので参考にされたし。

基本的に【クリーチャーコントロール】が得意である。《墓守の鐘ベルリン》《豪遊!セイント・シャン・メリー》サイキック・セルを並べ、《光器ララバイ》タップキルしたり、《光神龍オメガ・アルティメット》クルー・ブレイカー1ショットキルを狙うことができる。

また、《勝利の女神ジャンヌ・ダルク》《光器セイント・マリア》《破滅の女神ジャンヌ・ダルク》のような大型ブロッカーも充実している。

超次元呪文からは《アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>》を出せるので、これを戦略に組み込むのも有効。また、定番の《光器ペトローバ》も当然使用可能。

《アクア・ジェット》による大量ドロー《アクア・ジェット<突撃・ブラザー!>》による展開力が魅力。

《ミラクル・リ・ボーン》《暗黒GUY・ゼロ・ロマノフ》を使ったリアニメイト戦術が持ち味。(>【ロマノフリボーン】)

また、《狼虎サンダー・ブレード》《猛虎ライガー・ブレード》など、大型には強力な除去能力を持つものが多い。

《永遠のリュウセイ・カイザー》【GF隊】をはじめとしたフィニッシャーが非常に充実している。

《爆走鬼娘モエル・ゴー》によるサーチをはじめ、サポートが非常に豊富。《反撃の城 ギャラクシー・ファルコン》によるスピードアタッカー付与《狩人秘伝ハンター・ファイア》による強制バトルなどが可能。特に《反撃の城 ギャラクシー・ファルコン》は相性がいいため、ぜひとも採用を一考すべきである。

自然

コスト踏み倒しの手段が多い。マナゾーンからまとめて出せる《若頭 鬼流院 刃》攻撃時に手札から踏み倒す《仁義なき戦争 鬼流院 刃》が代表的。

サイキック・クリーチャーにはハンターがバトルに勝つとマナゾーンまたは超次元ゾーンから踏み倒す《紅蓮の怒 鬼流院 刃》がいる。

《桜舞う師匠》を使いガードマン軸で組むことも出来る。攻撃する時に《武器阿修羅の大猿》などを踏み倒せるので、と組んでスピードアタッカーにしてやるといいだろう。《仁義なき戦争》も8マナなので、ともに《鬼の襲撃 モエル》pigで出せるのも利点。

ガードマン軸なら、ハンターではないが《完善武装 ルーパス》を出すと強力。

このデッキの弱点

進化クリーチャーを使う都合上、進化元を次々と除去されると苦しい。《鬼の襲撃 モエル》を出して牽制するなどして対処したい。

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 00:03:27