【カイザー「刃鬼」】

《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》コスト踏み倒し能力を活かした重量級デッキ。
エピソード2終期に登場し、その決定力の高さから革命編までビッグマナの代表格として常にトップメタの一角に居座り続けていた。

「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」 ≡V≡ 無色 (11)
クリーチャー:レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター/ゼニス 14000
このクリーチャーを召喚してバトルゾーンに出した時、相手のシールドを数え、その回数相手とガチンコ・ジャッジする。その後、こうして自分がガチンコ・ジャッジに勝った数、ハンターを1体、自分の墓地、マナゾーン、または手札からバトルゾーンに出す。
T・ブレイカー
エターナル・Ω

基本的な構成

マナブーストのための自然、優秀なハンターを多く擁するの2色を主要色とし、動きを安定させるためにを足すのが基本。
《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》さえ出してしまえば余程の対手でなければガチンコ・ジャッジで2〜3回は勝利できるため、そのまま《永遠のリュウセイ・カイザー》《不敗のダイハード・リュウセイ》を場に踏み倒し、スピードアタッカーでそのままゲームエンドに持ち込むことができる。
そのためいかに早く「刃鬼」を出せる11マナに辿りつくかがカギとなってくる。
ガチンコ・ジャッジの勝筋の目安の1つとして、デッキの中にコスト6以上のカードを、いかに多く投入できるかがある。もちろん軽量マナブーストドローをするカードとの割合を調整しながらのデッキ構築となるので、プレイヤーの手腕が試される。
環境に合わせて、後述のようにタッチでを投入するタイプも登場した。エピソード3ドラゴン・サーガ期の殿堂入りの影響をあまり受けておらず(ほぼ《勝利宣言 鬼丸「覇」》のみ)、その間、常にメタゲームの一角を占める有力デッキであり続けていた。

主要カード

候補カード

超次元ゾーン


タッチ光型

通称「白刃鬼」。自然の三色に加えて、を投入したタイプ。《超次元ホワイトグリーン・ホール》《光牙忍ハヤブサマル》《怒流牙 サイゾウミスト》など、主にビートダウンに強いカードを投入し、ビートダウン耐性を上昇させている。また、《閃光のメテオライト・リュウセイ》の投入により、《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》から《不敗のダイハード・リュウセイ》と一緒に場に出し相手のクリーチャーをすべてタップし、そこに攻撃することで安全にシールドを焼却する芸当もできる。
革命編環境では【黒単ヘルボロフ】【赤単速攻】【モルト NEXT】に強い《調和と繁栄の罠》の存在からこちらのデッキタイプが主流になっていた。
《百族の長 プチョヘンザ》が、現在再録のない《調和と繁栄の罠》の補完をするような型も、環境で結果を残しつつあった。

決して一般的ではないが【ヘブンズロマネスク】に仕上げてカウンターによるターボを行ったり、大量に積んだクリーチャー《ミラクル・ミラダンテ》革命0トリガーを安定して運用したりと、【クリーチャーコントロール】に寄せた構築もある。ただし、構築によっては《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》で呼び出すクリーチャーをマナ置きするのにやや工夫が必要になる。

候補カード

カード名役割
《光牙忍ハヤブサマル》防御用シノビ
《怒流牙 サイゾウミスト》
《青寂の精霊龍 カーネル》防御札&《プチョヘンザ》の革命チェンジ元。《ダイハード》のシールド焼却対象内
《龍素記号Sr スペルサイクリカ》墓地回収 《調和と繁栄の罠》などと強烈なシナジー
《タイム3 シド》呪文メタ。ドラゴンなので《ダイハード》によってシールド焼却することができる
《龍仙ロマネスク》大型マナブースト
《トップ・オブ・ロマネスク》2マナブーストするブロッカー
《閃光のメテオライト・リュウセイ》cipスパーク 自軍にSA付与
《スローリー・チェーン》S・トリガークリーチャー攻撃を禁止
《超次元ホワイトグリーン・ホール》《勝利のプリンプリン》を出してシールド追加
《調和と繁栄の罠》クリーチャー攻撃を禁止 単色デッキに対し効果を発揮
《反撃のサイレント・スパーク》S・トリガー ドローにもなるスパーク
《アポカリプス・デイ》条件つき全体除去
《百族の長 プチョヘンザ》相手クリーチャータップイン
《大革命のD ワイルド・サファリ・チャンネル》多色カードのマナ数を2倍に、Dスイッチで《刃鬼》をマナ召喚するD2フィールド
《魂と記憶の盾》軽量除去兼ガチンコ・ジャッジ回数増加 

タッチ闇型

通称「黒刃鬼」。自然の三色に加えて、を投入したタイプ。《腐敗無頼トリプルマウス》《ガチンコ・ジョーカー》《ロスト・ソウル》などの強力なハンデスを搭載することで、コントロールデッキへの対応力が向上。アドバンテージの塊である《偽りの王 ヴィルヘルム》を出せば、《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》に楽に繋げることができる。強力な超次元メタであり【イメンループ】に強い《希望の親衛隊ファンク》を投入できるのも長所。又、進化ではあるものの1枚《悪魔神バロム・ハンター》を忍ばせる事も出来るのが特徴。

候補カード


タッチ光闇型

通称「5色刃鬼」。自然の三色に加えて、を一緒にタッチしたデッキ。それまで《フェアリー・ミラクル》マナ加速力に着目して5色で組まれることもたまにあったが、《獅子王の遺跡》の登場以降は本格的にこのタイプのデッキが組まれるようになった。を一緒にタッチする関係上、4色以下のタイプでは見られない、光と闇を併せ持ったカードの採用が多い。

候補カード


  • 環境でも活躍する強力なデッキではあるが、フィニッシャーを中心にビクトリースーパーレアが多く、構築費用がかかるのが欠点。特に、できる限りプロモーション・カードで統一しようとすると、車が買えるほどの金員が必要となる。ブガッティに乗ろうが何に乗ろうが、自由であるとしか言いようが無い。
  • 公認グランプリチャンピオンシップサポートシステムの景品は、このデッキタイプの必須カードから選ばれる傾向がある。このことがフルプロモ仕様化の難易度を格段に高めている。
  • 弱点としてはビッグマナ系統のデッキであるため、《天使と悪魔の墳墓》には特に気を付けたい。スペースの都合上高コストクリーチャーは枚数が少なく被害も少なく済むが、軽量ブーストがマナゾーンに溜まってしまった場合には被害が大きくなってしまう。
  • このカイザー「刃鬼」を含む【ターボゼニス】は、元来デッキ構築の自由度が高いデッキタイプなので、新旧のカードプールを見直すことで、また新たなコンボや戦術が発見される期待値は高いといえるだろう。
  • 「デュエル・マスターズグランプリ3rd」では長年、トップメタに居座り続けたこのデッキも、環境の異常なまでの高速化に追いつけずベスト64入りを逃した。これ以降、環境からは姿を消した。

参考


Last-modified: 2018-12-09 (日) 01:10:22