【カシオペア・ストーリー】

《聖帝カシオペア・ストーリー》を軸としたクリーチャーデッキ。

聖帝カシオペア・ストーリー SR 自然文明 (7)
進化クリーチャー:アーク・セラフィム 6000
進化−自分のアーク・セラフィム1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から5枚を表向きにする。この中から、各文明1体までクリーチャーを選び、手札に加えてもよい。残りを好きな順序で山札の一番下に戻す。
W・ブレイカー

デッキ内のクリーチャーカードの枚数が非常に多く、時にはデッキのカードすべてがクリーチャーというものも存在する。それを《聖帝カシオペア・ストーリー》によって大量に手札に呼び込み、展開していくことを主眼におく。
《聖帝カシオペア・ストーリー》による手札補充を確実にするために多色クリーチャーが多い構成となり、必然的に全ての文明を採用するため、分類的には5色コントロールの亜種となる。

主要カード

《聖帝カシオペア・ストーリー》核 大量手札補充
《護精霊騎ヴァルチャー》進化元 優秀なマナ回収
《霊騎ラグマール》進化元 マナブーストを兼ねた除去
《霊王機エル・カイオウ》進化元 序盤の守り

上記のように全ての文明を扱うため、主要カード以外は【5色フェアリー・ミラクル】に近いグッドスタッフ的な比較的自由度の高いカード構成を取る。

フィニッシャーとしては《聖帝カシオペア・ストーリー》でそのまま攻めても良いが、現在は《威牙の幻ハンゾウ》によってパワー6000が非常に危険なラインとなっている。そのため、それを無視できるだけのパワーを持つクリーチャーを別に搭載することがほとんど。《聖帝カシオペア・ストーリー》が進化クリーチャーであることを利用し、究極進化を採用する例も散見される。

プレイング難易度が全体的に高い5色デッキのなかでも更に扱いが難しい部類に入り、上級者向けのデッキと言える。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 01:53:19