【カツキングMAX】

強力なエグザイル・クリーチャーである《無敵剣 カツキングMAX》フィニッシャーにしたデッキ

ドロン・ゴーマナ召喚能力によって柔軟な動きを取ることができる。

無(アウト)敵(ロー)剣(カリバー) カツキングMAX P 火/自然文明 (8)
エグザイル・クリーチャー:アウトレイジMAX 8000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手のパワー8000以下のクリーチャーを1体破壊する。
自分のターン中、クリーチャーを1体、自分のマナゾーンから召喚してもよい。
W・ブレイカー
ドロン・ゴー:このクリーチャーが破壊された時、名前に《無》とあるエグザイル・クリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。
自分の他の、名前に《無敵》とあるエグザイル・クリーチャーをバトルゾーンに出すことはできない。

無(アウト)敵(ロー) ドン・カツドン P 火/自然文明 (5)
エグザイル・クリーチャー:アウトレイジMAX 2000+
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、またはこのクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置いてもよい。
パワーアタッカー+3000
ドロン・ゴー:このクリーチャーが破壊された時、名前に《無敵》とあるエグザイル・クリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。
自分の他の、名前に《無敵》とあるエグザイル・クリーチャーをバトルゾーンに出すことはできない。

《無敵剣 カツキングMAX》cipで8000火力を放つエグザイル・クリーチャー
マナコストは8と重いが、《無敵 ドン・カツドン》ドロン・ゴーで出せるのでさほど気にならない。cipで8000火力を撃てるので、それだけでも仕事をしてくれる。

さらに、自分のターン中1回だけマナ召喚を行うことができる。序盤にマナゾーンに埋めたフィニッシャーを手軽に展開することができるため、文面以上に強烈かつ利便性は高い。大量のマナブーストから状況に合ったフィニッシャーを的確に繰り出していくことで相手を圧倒していく戦い方となる。

主要カード

アウトレイジの候補

エグザイルの候補

その他の候補

このデッキの戦い方

自然マナブーストからすばやく《無敵剣 カツキングMAX》を出す。

2コストマナブースト《フェアリー・ライフ》《霞み妖精ジャスミン》から、手札補充《ドンドン吸い込むナウ》《伝説の秘法 超動》に繋げるのが王道のパターン。ドロン・ゴー《無敵剣 カツキングMAX》を出せる《無敵 ドン・カツドン》を加えられれば理想的だろう。

《無敵剣 カツキングMAX》手札にある状態で《無敵 ドン・カツドン》破壊すれば、ドロン・ゴーで出すことができる。

この場合、以下のコンボが可能

  1. 《ヒラメキ・プログラム》《無敵 ドン・カツドン》破壊
  2. 《ヒラメキ・プログラム》《シンカイサーチャー》を出し、《無敵剣 カツキングMAX》サーチ
  3. ドロン・ゴー《無敵剣 カツキングMAX》を出す

ただし、《ヒラメキ・プログラム》殿堂入りしてしまったので、安定して決めるのは難しくなった。《飛散する斧 プロメテウス》《二角の超人》などのマナブーストから普通に召喚してもいい。

cipでの火力の範囲も8000と広く、大抵のクリーチャー破壊できる。それを上回るパワーの相手には能力マナ召喚するクリーチャー能力で対処したい。他には《無法伝説 カツマスター》へとドロン・ゴーしたり、《絶頂神話 カツムゲン》クライマックス・ドロン・ゴーすることができる。

相手にしてみれば、この厄介なシステムクリーチャー破壊したいだろうが、そうするとドロン・ゴーで逆に展開を許すということになりやすい。手札さえあれば別の《無敵剣 カツキングMAX》《無法伝説 カツマスター》、他にはクライマックス・ドロン・ゴー《絶頂神話 カツムゲン》が出てくる状況も起こりうる。

《無敵剣 カツキングMAX》がいると、自分のターン中に1度だけマナゾーンからクリーチャー召喚できるようになる。通常、マナゾーンクリーチャーを出すためには一度マナ回収手札に加える必要があるが、そうした手間を省くことができるので、非常に強力である。

大量のマナブーストから各種フィニッシャーを繰り出して相手を圧倒したい。各種ゼニス召喚したり、《ボルバルザーク・エクス》《蛇手の親分ゴエモンキー!》コンボを利用するのもいいだろう。

このデッキの弱点

弱点は少ないものの、【速攻】の相手は基本的に苦手。マナが十分にたまるまでに殴りきられてしまうとさすがに厳しい。

また、ドロン・ゴーを活かすには手札の確保が肝心なので、相手からのハンデスには気を付けたい。《ガンヴィート・ブラスター》《「祝」の頂 ウェディング》を使われると苦しいだろう。

グッドスタッフの性質上弱点は少なく、高いカードパワーを活かしてどんな相手とも互角以上の戦いができる。

その他

参考


Last-modified: 2018-12-09 (日) 01:09:58