【カリビアン・ムーン】

強力な能力を備えたルナティック・エンペラー《神羅カリビアン・ムーン》を中心にしたデッキタイプ

カリビアン・ムーンの特性からほとんどはコントロールで組まれる。
カリビアン・ムーンを中心するような構成ではなく、終盤のフィニッシャーの一択として利用するデッキもあるが、それらはここでは割愛。

カリビアン・ムーン自体のクセと、究極進化であるというそもそもの出しにくさを両方解決して組まなければならないため、かなり上級者向けのデッキタイプである。

神羅カリビアン・ムーン SR 水文明 (7)
進化クリーチャー:ルナティック・エンペラー/サイバー・コマンド 6000
究極進化−自分の進化クリーチャー1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、またはこのクリーチャーが攻撃する時、またはこのクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、相手の墓地にある呪文を1枚コストを支払わずに唱えてもよい。その後、そのカードを持ち主の山札の一番下に置く。
W・ブレイカー

どの型もであっても考慮しなければならないのは、「カリビアン・ムーン自体はクリーチャー主体のビートダウンデッキに弱い」ということ。
これの対策のため、ビートダウンをいなせるカードもしくはブロッカーなどの支援は不可欠である。

サイキック・クリーチャー超次元ゾーンに用意してもいいかもしれない。相手の超次元呪文を唱え自軍を強化できるためである。

ターボ妨害型

マナブーストしながら進化元となる進化クリーチャーをばらまき、ランデスハンデスなどで妨害しつつカリビアン・ムーンに繋ぐ最もオーソドックスな型。
この場合に加えて自然は投入確定。

まず考慮しなければならないのは進化元
以下にいくつかポピュラーなタイプを示す。

  1. マナブーストを扱うので《スーパー大番長「四つ牙」》などビーストフォーク進化セットを軸にする
  2. 軽量かつ文明をまたがって扱えるオリジン進化セットを軸にする
  3. 《死神術士デスマーチ》《死皇帝ハデス》などの墓地進化を軸にする

ここを定めることである程度デッキカラーが決まる。
2については《エンペラー・ティナ》などのオリジン進化《英知ダビドゥール》などのオリジン進化ブロッカーでもあり、都合が良い。3はもちろんを混色することになり、ハンデスを扱えることにもなる。

コントロールデッキなので、回収手段をいくつか投入すれば、進化元となる進化クリーチャーは8枚以下程度(構成によっては4枚ほどでもいい)でも十分に回る。
非常にデッキ構成の自由度が高く、デッキ全体がシナジーするように作っていきたい。

主要カード

《神羅カリビアン・ムーン》コンセプト
《青銅の鎧》ビーストフォーク型でなくとも、ほぼ入る
《幻緑の双月》ビーストフォーク型の場合の2コストブースト
《フェアリー・ライフ》ビーストフォーク型でない場合の2コストブースト
《霞み妖精ジャスミン》クリーチャー版《フェアリー・ライフ》

それ以外の文明ごとの主要カード

:どう組んでも必要となる文明ドローソースに加え、オリジンを軸とするなら《蒼狼の始祖アマテラス》《エンペラー・ティナ》などがある。混色される文明との多色カードも扱い、マナバランスを強化したい。

自然:ほぼ必要となる文明ビーストフォーク軸であれば《スーパー大番長「四つ牙」》は確定。ランデス《マナ・クライシス》、動きが自在になる《母なる星域》あたりは欲しい。

:オリジン軸ならかなり有用。《光器クシナダ》《英知ダビドゥール》《黙示聖者ファル・レーゼ》を搭載可能。《雷鳴の守護者ミスト・リエス》も。

:どのように組んでもタッチで入れたくなる文明《焦土と開拓の天変》火力は強力。フィニッシャーのもう一択として《神羅ドラグ・ムーン》も。

:墓地進化軸であれば。もしくはハンデス回収狙いでのタッチか。《ギガザンダ》を駆使しピンポイントで呪文を使うこともできる。《ヴォルグ・サンダー》《復讐のバイス・カイザーZ》の登場で強化された

ナイト型

白青黒を中心にして、ナイトとその進化セットを進化元にして組むタイプ。

マナブーストランデス手段には欠けるが、ハンデスには長け、潜在的にそこそこのビートダウン耐性もある。
またターボ妨害型より長期戦になって墓地カードが増えやすいので、その点では噛み合う。

ただしカリビアン・ムーン中心の構成にする意義が薄くなることが多く、通常のナイトデッキと差別化が難しい。

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 00:59:56