【カワハギゴースト】

《拷問の影カワハギ・ジャケット》リアニメイト能力を活かしたゴースト種族デッキ。カワハギ・ジャケットの効果で粘り強く戦うことができる。

拷問の影カワハギ・ジャケット R 闇文明 (6)
クリーチャー:ゴースト 4000
このクリーチャーまたは他のゴーストを召喚してバトルゾーンに出した時、それとコストが同じゴーストを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出してもよい。

絶叫の影ガナル・スクリーム P 闇文明 (5)
クリーチャー:ゴースト/アンノイズ 2000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から4枚を墓地に置いてもよい。そうした場合、クリーチャーを1体、自分の墓地から手札に戻す。

カワハギ・ジャケットは自身を含むゴースト召喚に反応して、同じコストのゴーストリアニメイト出来る。
あらかじめ墓地肥やしを行うことで次々にゴーストを展開できる。
基本的な動きはのカードで完結しているので黒単で組めるが、サイドカラーとしてが加えられることも多い。

主要カード

候補カード

3コスト

4コスト

5コスト

6コスト

このデッキの使い方

序盤は《停滞の影タイム・トリッパー》《虚構の影バトウ・ショルダー》で時間を稼ぎつつ、《ボーンおどり・チャージャー》《絶叫の影ガナル・スクリーム》墓地を肥やす。
カワハギ・ジャケットは同名カードもリアニメイトできるので、ぜひカワハギを1枚落としておきたい。

6マナ貯まったらカワハギを召喚。ここでカワハギをもう1枚出しておけると非常に心強い。もちろん他の6マナゴーストを出してもいい。

カワハギさえ出れば、あとはゴーストを次々に並べるだけである。
《炸裂の影デス・サークル》cipでどんどん除去できるので、一旦デッキが回りだせば制圧は容易である。

水をサイドカラーにする場合

を入れる場合、《エマージェンシー・タイフーン》《怒りの赤髭 ゴセントラス/目覚めし鋼牙のブレイン》などの墓地肥やし呪文が使える。優秀な多色ゴーストもいくつか存在し、ブロックされないスレイヤー《腐敗電脳メルニア》《腐敗電脳ディス・メルニア》や、リアニメイトを持つ《魔水晶スタートダッシュ・リバイバー》などは相性がいい。
《セブ・コアクマン》《コアクアンのおつかい》などのドローソースを手軽に組みこめるのも魅力。

光をサイドカラーにする場合

《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》《腐敗聖者ベガ》などの多色ゴーストが使える。どちらも薄い守りを補ってくれるだろう。
ゴーストではないが、それらから《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》に進化することもできる。
《霊騎コルテオ》《DNA・スパーク》も守りに役立つだろう。

火をサイドカラーにする場合

《腐敗勇騎ドルマークス》《腐敗勇騎ガレック》が使用できるため、より除去がしやすくなる。《停滞の影タイム・トリッパー》の足止めなどもからめた、かつてのドルマークスランデス?のような動きができる。
また、《禍々しき取引 パルサー》ドローしたり、墓地が肥えることを利用して《百万超邪 クロスファイア》を採用することができる。


このデッキの弱点

核となるカワハギは6マナとやや重く、コンボを決めるまでに少々時間がかかるのが難点。
また、当然ながらカワハギ自身を除去されると途端に動きが鈍ってしまう。相手の除去は事前のハンデスなどで対策しておきたい。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 01:37:03