【ガードマン】

能力としてのガードマン→ガードマン
《桜舞う師匠》アタックトリガーで各種ガードマンをコスト踏み倒しするビートダウン

桜舞う師匠(デイリノジカン) R 自然文明 (6)
クリーチャー:ビーストフォーク/ハンター 6000
このクリーチャーが攻撃する時、「ガードマン」を持つクリーチャーを1体、自分の手札またはマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。
W・ブレイカー

《桜舞う師匠》アタックトリガーでガードマンをコスト踏み倒し出来る。手札マナゾーンのどちらからでもいいので柔軟性が高い。

自身はガードマンではないが、ハンターなのでそちらの豊富なサポートを受けられるのが強み。相性のいいカードは多いので、デッキビルディングの幅は広いだろう。赤緑から青赤緑で組まれることが多い。


主要カード

ガードマンの候補

相性のいいカード

その他の候補


このデッキの使い方

2マナブーストの《フェアリー・ライフ》《霞み妖精ジャスミン》からスタートし、《爆走鬼娘モエル・ゴー》《ライフプラン・チャージャー》《桜舞う師匠》サーチする。

その後は《反撃の城 ギャラクシー・ファルコン》《マイキーのペンチ》スピードアタッカーにして攻撃し、手札マナゾーンからガードマンを踏み倒していく。

出す候補としてはパワー14000でT・ブレイカー持ちの《完善武装 ルーパス》や2回攻撃《真実の名 ニドギリ・ラゴン》、様々なドラグハートを呼び出せる《恐・龍覇 サソリスレイジ》あたりが有力か。何らかの能力スピードアタッカーにできれば一気にシールドを割り切ってしまえるだろう。

《桜舞う師匠》自身はガードマンではないが、ハンターであるおかげで多くのサポートが受けられる。例えば、《大魂蟲オオ・ヘラクレス》マナゾーンから出したり、《鬼の襲撃 モエル》pigリクルートできる。

特に《鬼の襲撃 モエル》コスト踏み倒しの範囲が広く、《武器阿修羅の大猿》《仁義なき戦争 鬼流院 刃》《永遠のリュウセイ・カイザー》なども連れてくることができる。こちらも《大魂蟲オオ・ヘラクレス》での踏み倒しが効くため、【オオ・ヘラクレス】とのハイブリッドタイプにすることができる。

弱点と対策

《桜舞う師匠》は素の状態ではスピードアタッカーを持たないので、普通に出すだけでは返しのターン除去される可能性が高い。

《鬼の襲撃 モエル》を囮として出しておくと牽制になるだろう。生き残ったら横に《桜舞う師匠》《仁義なき戦争 鬼流院 刃》を立たせ、自爆特攻《永遠のリュウセイ・カイザー》などを連れてくると強力。

その他

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 23:51:22