【ガロウズ・デビルドラゴン】

サイキック・スーパー・クリーチャー《死海竜ガロウズ・デビルドラゴン》覚醒リンクを狙うデッキ

死海竜ガロウズ・デビルドラゴン ≡V≡ 水/闇/火文明 (24)
サイキック・スーパー・クリーチャー:デビル・コマンド・ドラゴン/エイリアン 12000
相手プレイヤーはコストを支払わずにクリーチャーを召喚したり呪文を唱えたりできない。
このクリーチャーが攻撃する時、バトルゾーンにあるクリーチャーを2体まで選び、持ち主の手札に戻してもよい。
T・ブレイカー
リンク解除(このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、そのサイキック・セルのいずれか1枚を選んで超次元ゾーンに戻し、残りのカードを裏返す)
覚醒リンク前⇒《ガロウズ・セブ・カイザー》(上)/《竜骨なる者ザビ・リゲル》(中)/《ハイドラ・ギルザウルス》(下)

相手のクリーチャーが殴る時に1枚ドローできる《ガロウズ・セブ・カイザー》、自分のエイリアン呪文除去されると敵獣を除去できる《竜骨なる者ザビ・リゲル》、相手のコスト踏み倒しに反応してランデスする《ハイドラ・ギルザウルス》の3体を揃え、覚醒リンクを目指す。

それぞれサイキックコストが6、4、5と中途半端に重いため、5マナ超次元呪文によるばら撒きができず、覚醒リンクには思いのほか骨が折れる。だが、幸いにもエイリアンなので《パンドラ城 デス・ファントム》と組み合わせることが可能。サイキック・セル除去されても別のサイキックを呼び出せるので、粘り強く戦うことができる。

もしくは【湧水シャチホコ】のギミックを利用することが多い。

主要カード

湧水シャチホコの候補カード

このデッキの動かし方

キーカードとなる《激沸騰!オンセン・ガロウズ》《パンドラ城 デス・ファントム》を素早く用意し、速やかにサイキック・セルを出していく。

具体的には《電流戦攻セブ・アルゴル》を《激沸騰!》で使い回したり、《デス・ファントム》を張った状態で《オニウッカリ 爆マル》自爆特攻させたりなどの方法をとる。

出したサイキック・クリーチャー除去された時にも別のエイリアンを残せるのは心強い。よく使われる7コストのサイキック・クリーチャー除去された時に《ガロウズ・セブ・カイザー》が出せるのは有り難いだろう。

【湧水シャチホコ】を利用するならば、基本的な使い方はそちらと同一。《戦略のD・H アツト》などで《天下統一シャチホコ・カイザー》墓地に落として《湧水の光陣》リアニメイトする。手札次第では墓地を経由せずに直接手札から出してもいい。

その後は《激天下!シャチホコ・カイザー》を出して《黙示護聖ファル・ピエロ》を使い回して超次元呪文を連打する。《天下統一シャチホコ・カイザー》がいれば同時にエイリアンサイキック・クリーチャーを出せるので、次々にサイキック・セルを揃えることができるだろう。

サイキック・セルの3体は相手の行動に対して何らかの能力を使えるため、それなりにプレッシャーを与えることはできる。ただし、いずれもカードパワーはそれほど高くないので、過信は禁物である。

《死海竜ガロウズ・デビルドラゴン》覚醒リンクに成功したならば、攻撃時に2体バウンスしながらコスト踏み倒しを禁じて強引に攻め込むことができる。リンク解除のおかげで除去には強そうに見えるが、サイキック・セルはいずれもパワーがそれほど高くないので、殴り返しには気をつけたい。

また覚醒リンクの常として、時にはサイキック・セルのみで相手を殴り切るプレイングも求められることを留意しておきたい。


その他

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 00:05:35