【ガンガン・マンモスワンショット】

条件を満たせば無限アタッカーになる《牙神兵ガンガン・マンモス》1ショットキルを狙うデッキ。《夜露死苦 キャロル》の登場で実用レベルの1ショットキルが可能となった。

《夜露死苦 キャロル》の能力を発動させるためを主体とし、稀に自然も用いられる。

牙神兵ガンガン・マンモス C 火文明 (5)
クリーチャー:アーマロイド 5000
このクリーチャーが攻撃する時、多色カードを1枚、自分の手札から捨ててもよい。そうした場合、このクリーチャーをアンタップする。
夜露死苦(ゴキゲン・シャウト) キャロル P 水/火文明 (3)
クリーチャー:アウトレイジ 2000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーがどこからでも自分の墓地に置かれる時、自分のマナゾーンに火と水の文明があれば、このクリーチャーを墓地に置くかわりに自分の手札に戻す。

主要カード

《牙神兵ガンガン・マンモス》コンセプト キャロルと組み合わせて無限アタッカーに
《夜露死苦 キャロル》このデッキにおけるメインエンジン 自身の効果によるハンデス耐性やエマタイチューン勇愛を強力なドロソとして運用できるなど便利屋
《D2M マグラカヅラ》《チキチキ・JET・サーキット》と併用して同上の効果 以外で組む場合にも有効

候補カード

《キリモミ・ヤマアラシ》マンモスをスピードアタッカー
《チキチキ・JET・サーキット》キリモミ同様マンモスをスピードアタッカーに、一度出してしまえば除去されない限り継続してSA化ができるのが利点
《エマージェンシー・タイフーン》ドロソ キャロルを捨てることで《エナジー・ライト》の上位互換に
《サイバー・チューン》ドロソ キャロルを2枚捨てるとプレミアム殿堂《サイバー・ブレイン》の上位互換となる
《勇愛の天秤》除去兼ドロソ 遅延目的で出される《停滞の影タイム・トリッパー》一撃奪取サイクルの除去などに使える
《超魔導書グリモア第I章》ドロソ スーパー・S・トリガーによりバイケンに頼らなくても防御札として運用が可能
《斬隠蒼頭龍バイケン》マッドネスによるハンデス耐性、【カウンターバイケン】による防御性能
《終末の時計 ザ・クロック》安定のS・トリガー
《ドンドン吸い込むナウ》S・トリガー サーチバウンス
《異端流し オニカマス》踏み倒しメタ アンタッチャブル効果により場持ちがよく、終盤の詰めや《音精 ラフルル》への革命チェンジ元としても優秀
《単騎連射 マグナム》S・トリガークリーチャーシノビなどを封殺し1ショットキル性能を高める
《奇天烈 シャッフ》S・トリガー呪文を妨害し1ショットキルの補助
《音精 ラフルル》呪文を完全に封殺し1ショットキルの補助
《時の法皇 ミラダンテXII》【カウンターバイケン】からの勝ち筋としての運用やファイナル革命による1ショットキルの補助など
《パクリオ》妨害札 上記のラフルルを入れる場合、あれば革命チェンジ元としてきれいにつながるため便利
《ワンダーチューン・MOTORS》パンプアップ効果でマンモスが一万未満のブロッカーを超えて1ショットキルできるようになる他、弱点である《永遠のリュウセイ・カイザー》《百族の長 プチョヘンザ》に対しての対策となる
《業火の禁断エリア》上記の《ワンダーチューン・MOTORS》と同様 バイケンを絡めなくても《百族の長 プチョヘンザ》に勝てるのとキリモミ用の赤いマナを生み出すことができるのが利点
《Dの牢閣 メメント守神宮》キャロルをモヤシブロッカーにしたり、Dスイッチによる防御性能
《メガ・マナロック・ドラゴン》ドローソースが豊富なので殿堂入りだがそこそこ引き当てられる。困ったら終盤に《キリモミ》でSAを付与してビートしよう
《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》妨害兼1ショットキルの補助 相手の動きを妨害したり《ミラクル1 ドレミ24》と合わせてラフルル感覚で単騎ラフルル効果を使うことが可能
《ミラクル1 ドレミ24》「本日のラッキーナンバー!」を使い1ショットキルの補助、またはミラダンテXIIプランを取るときなどに便利
《時空の戦猫シンカイヤヌス》次元を採用する際のマンモスのスピードアタッカー化手段

手札に《夜露死苦 キャロル》があれば無限アタッカーとなる《牙神兵ガンガン・マンモス》を出し、1ショットキルを狙うのが基本である。

《一撃奪取 トップギア》や各種チャージャー呪文を使ってマンモスを早出ししたり、《キリモミ・ヤマアラシ》《超次元エクストラ・ホール》からの《時空の戦猫シンカイヤヌス》などでマンモスにスピードアタッカーを付与したりすると、早期に1ショットキルを決めることができる。
中盤以降はマンモスの素のスペックでは厳しくなってくる場面も多いため、なるべく早い段階で攻めておきたいところ。

《Dの牢閣 メメント守神宮》を獲得して以降は《夜露死苦 キャロル》をモヤシブロッカーにして凌ぐプランも取れるようになり、長期戦になっても手札が切れてジリ貧になった相手にはこれは中々有効な手段である。

  • 2018年3月1日に《単騎連射 マグナム》《音精 ラフルル》が共に殿堂入りとなり、詰めの性能が大幅に低下。とはいえ元々《夜露死苦 キャロル》を活かした実質的な大量ドローが可能であったので、両方を揃えることは困難だが片方だけなら手札に加えるのはそこまで難しくない。そもそも元々この2枚はデッキ成立時には存在しなかったので、弱体化したといってもデッキの存続には全く問題が無く、まだ修正が可能な段階ではある。
  • アニメ「V3」第29話で青砥 礼二がこのデッキを使用。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 00:12:55