【キキ&カイカイ】

《邪道神キキ》《外道神カイカイ》を使ったハンデスデッキ
それらのG・リンク形態はこちら→キキ&カイカイ

邪道神キキ R 水文明 (5)
クリーチャー:ゴッド 3000+
ブロッカー
このクリーチャーがブロックする時、カードを1枚引いてもよい。
G・リンク《外道神カイカイ》の左横
このクリーチャーは、リンクしている時、「W・ブレイカー」を得る。

外道神カイカイ R 闇文明 (5)
クリーチャー:ゴッド 4000+
相手が呪文を唱えた時、カードを1枚引いてもよい。
G・リンク《邪道神キキ》の右横
このクリーチャーがリンクしていて、自分がカードを引いた時、引いた枚数と同じ数の手札を相手は選んで捨てる。

この2体がリンクすると、以下のようになる。

邪道神キキ/外道神カイカイ 水/闇文明 (5+5)
クリーチャー:ゴッド 7000
ブロッカー
このクリーチャーがブロックする時、カードを1枚引いてもよい。
相手が呪文を唱えた時、カードを1枚引いてもよい。
自分がカードを引いた時、引いた枚数と同じ数の手札を相手は選んで捨てる。
W・ブレイカー

青黒をベースに、自然を入れ白青黒もしくは緑青黒にする構築がメジャー。また、《執拗なる鎧亜の牢獄》を採用した青黒赤も十分に考えられる。
白青黒ならさらに【除去コントロール】よりになり、緑青黒なら《青銅の鎧》などのブーストからの高速G・リンクが主な流れとなる。青黒赤も除去コントロールよりになるが、《地獄スクラッパー》を採用できるのである程度【速攻】ビートダウンに対抗することができる。
どのカラーにせよ、G・リンク後の《ロスト・ソウル》が決め手となるだろう。ただ序盤からハンデスを繰り返していれば、G・リンクした状態ですでにロックが決まっていることもある。G・リンクした後にドローすることでハンデスを行うこともできるため、割と容易にロックに持っていくことが可能かもしれない。

基本的には、《外道神カイカイ》から召喚していくといい。
《デーモン・ハンド》などで除去されても、一応ドローができるので、ディスアドバンテージを少なくすることができる。
ただし、ビートダウン相手には《邪道神キキ》を先に出すというプレイングも考えられる。

《コマンダー・テクノバスター》などを使用し、ドローロックをかけるタイプも存在する。このコンボは公式でも第一回目で紹介されたコンボでもある。

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 22:56:17